トップページへ戻る ボラカイ >  2018年



合同ボランティア情報交換会
2018年

文責:点訳サークル六星会(福祉センタークラス)



2018年6月15日(金)
場 所:   福祉センター 洋室  
参加者: 視覚障害者 1名、 ガイドヘルパー 1名
  やまびこ 1名、 点訳サークル六星会(司会) 1名
       計4名




やまびこ
  • 音訳中級講習会(10回コース)が始まりました。 昨年度の初級講習会(10回コース)の継続で16名参加しています。 初級を受講された方のうち、10名がやまびこ会員になっています。

六星会
  • 北区バリアフリー基本構想の策定が地区別に進められています。 5月28日、王子地区対象の策定を作成する為のまちあるき点検 (まちづくり部都市計画課主催)に参加しました。 駅東周辺が担当地区でした。歩道と車道との段差が多い、 点字ブロックがはがれている、多目的トイレの場所が分かりにくい等、 改めていろいろな問題・障害物が多いことに気づきました。 個々の施設に関する意見は個別に検討、共通する意見は全体構想で定める事項に活用するそうです。

  • 7月8日(日)14時から中央図書館3階ホールでバリアフリ―映画会があります。 「くちびるに歌を」長崎の五島列島を舞台にした青春映画です。

支援室
  • 最近高齢者が集まりくつろげる場所が多くなりました。喫茶コーナーでお茶を飲みながら、 おしゃべりをしたり絵手紙などの創作教室もあるそうです。

    • 参加者
    • 北社協による介後予防拠点施設のぷらっとほーむ (滝野川東、桐ヶ丘)のことだと思います。カフェや体操・折り紙などの教室があります。利用して下さい。



次回は、2018年7月20日(金)13時から
障害者福祉センター 洋室にて
司会: やまびこ

上に戻る

2018年5月18日(金)
場 所:   福祉センター 洋室  
参加者: 支援室 1名、 視覚障害者 2名
  ガイドヘルパー 2名、 やまびこ(司会) 1名
  点訳サークル六星会 2名  計8名




支援室
  • 「居宅介護事業所一覧」冊子が8月に完成します。ガイド派遣事業所、同行援護事業所も掲載されています。

  • 「障害者福祉のしおり」30年度版が完成しました。支援室にも数冊準備していますが、福祉課窓口でも配布しています。

  • 福祉のしおり裏表紙にあいアイ工房さんの2作品が掲載されています。 ピアネット北でも「絵画工房たゆたゆ」でさまざまな障害をもつ方が創作活動に取り組んでいます。


    • 当事者
    • 私達視覚障害者向けの料理教室も開催してほしいです。

  • 5月28日・31日 北区まちづくり部都市計画課のまちあるき点検が行われます。 区内の施設や道路など利用する際の問題点を調査します。


    • 当事者
    • 防災について関心があります。滝野川にある防災センターで防災・救急体験をしたいと思っています。

  • 5月30日 障害者センター作品展準備会があります。作品展への出品作品が少ないのが悩みです。


    • 参加者
    • 障害者作品展に参加・協力するボランティアが少ない為、事務局から縮小案が出されていましたが、今年も例年通り開催されると伺い安心しました。

やまびこ
  • 総会が終了し、今年度代表が交代しました。

  • 4月28日東京音訳グループ連絡会総会が開催されました。その後「音訳者としてこれから」というテーマの講演会にも参加しました。

六星会
  • 図書館主催の前期・消防避難訓練は、図書館と消防署との訓練開催日程決定が遅れている為、区民の会抜きで図書館と消防署との訓練となります。



次回は、2018年6月15日(金)13時から
障害者福祉センター 洋室にて
司会: 六星会

上に戻る

2018年4月20日(金)
場 所:   福祉センター 洋室  
参加者: 北社協 2名、 支援室 1名
  視覚障害者 1名、 ガイドヘルパー 1名
  やまびこ 1名、 点訳サークル六星会(司会) 2名
       計8名


北社協
  • 指定管理制度の導入により、 桐ヶ丘でいほーむ・滝野川東デイホームの名称が、 4月から「ぷらっとほーむ桐ヶ丘」「プラットホーム滝東」に変わりました。 ぷらっとほーむは、高齢者が住み慣れた町で元気で自立した生活が送れるように 仲間・健康・生きがい作りを応援する施設です。

    • 当事者
    • 講座を受講する際、年齢制限はありますか。

      • 北社協
      • 対象は高齢者やボランティアを含む地域の方々です。 講座により材料費等もありますから、参加時に講座担当者にお聞き下さい。


  • 社協の事業にかかわるサービスは国から指定管理を受けなければなりません。


    • 参加者
    • 募金の使いみちはどのような事業に配分されますか。

      • 北社協
      • 歳末助け合い募金は車いすステーション事業などに配分され、 赤い羽根募金は地域に還元する目的で福祉事業に配分されます。

  • ホームヘルパーの基本は、当事者と1対1の対応が基本です。 家族と同居している場合、ヘルパーの対応は介護保険での仕事内容区分が厳しく、 障害者サービスの方がきめ細かな対応をしてくれます。 ヘルパーの対応以外の困りごとがありましたら、ケアマネジャーに相談して下さい。


支援室
  • 5月17日(木)、福祉センター別館第1ホールにて、 障害者向け成年後見制度講座「成年後見制度のABC」を開催します。無料、定員50名です。 参加申し込みは5月11日まで。


  • 12月に開催される障害者作品展に向けて、点字用紙再利用のポチ袋作りの準備を始めました。


やまびこ
  • 音訳講習会修了生11人が加入しました。


  • やまびこ通信は今月から紙媒体での通信を止めて、ウェブサイト上で 広報することになりました。以下のサイトでご覧下さい
    やまびこ通信

    • 参加者
    • やまびこさんは全員がパソコンをお持ちなのでしょうか? 今まではボラ会で会報をいただき、活動内容を知る事が出来、 その場で質問をする事ができました。会報を頂けなくなると事前にHPで読んでくる必要が生じますね!

  • 今年度の図書館音訳依頼本に、北区内田康夫ミステリー文学賞大賞受賞作品を含む5冊が決まりました。

    • 六星会
    • 六星会も、内田康夫ミステリ文学賞大賞作品を点訳してきました。 今年度から紙媒体のJノベルは終了し、ウエブ版のみの掲載となった為、点訳は出来ないと 図書館担当者から言われました。やまびこさんはデータなどはどうされるのですか?
      • やまびこ
      • データの件は図書館に問い合わせ中です。

      会の声
    • 毎年「北区主催の文学賞大賞作品」は月間Jノベルに掲載され、区民は図書館で読むことが可能でした。 今回からはウエブ版でしか読めないのはオカシイと思います。区民が自由に読める環境を整える必要があると思います。


六星会
  • 役員会は21日、総会は5月19日です。

  • 図書館点訳依頼本5冊が決まりました。



北桜会は会員が高齢化の為ボランティア会に参加出来なくなりましたので、退会させていただきますという連絡がありました。



次回は、2018年5月18日(金)13時から
障害者福祉センター 洋室にて
司会: やまびこ

上に戻る

2018年3月16日(金)
場 所:   福祉センター 洋室  
参加者: 視覚障害者 3名、 ガイドヘルパー 3名
  北桜会(司会) 1名、 やまびこ 1名
  点訳サークル六星会 2名  計10名


北桜会
  • 3月12日ふれあい館で今年度の反省と来年度の行事予定を話し合いました。4月は足立区の農業公園へ行きます。

    • 当事者
    • 北桜会12日の集会に参加しました。 話し合いの時間が長くかかり、途中で軽いストレッチ体操をした為 さらに時間がかかりました。ガイドヘルパーさんの時間は決まってますから、 話し合いは時間厳守でやってほしいです。

      • 北桜会
      • 年間計画は、利用者さんに決めて頂いていますので、時間がかかる事があります。 今後時間を配慮して、話し合いを進めていきます。


やまびこ
  • 音訳のCD盤作成は、合成音声で読み上げる音声デイジー化を進めていきます。 音訳利用者の「情報を早くほしい」という要望にこたえる為です。


参加者
  • 「区役所土木課都市計画課担当の障害者の街歩き探検調査」に参加した際のガイドヘルプ料はどうでしたか?

    • 当事者
    • ガイド料はいただけず、自己負担で参加しました。

      参加者
    • 以前「区役所土木課都市計画課の街歩き」にガイドのボランティアで参加しました。 開催後のアンケートに『行政主催の催しものについては、主催者側がガイドを手配して欲しい』 と書かせていただきました。ボランティアの立場の意見ではなく、 当事者団体が団体の意見としてまとめ、役員が催し物に参加する時間枠を考慮(現状報告も含め) してほしい旨役所に要望書を提出しない限り、現状は変わらないと思います。


次回は、2018年5月18日(金)13時から
障害者福祉センター 洋室にて
司会: やまびこ

上に戻る

2018年2月16日(金)
場 所:   福祉センター 洋室  
参加者: 北桜会 1名、 やまびこ 1名、
  点訳サークル六星会(司会) 2名  計3名


北桜会
  • 2月5日新年会を行いました。駒込・霜降り橋の食事処で、当日は定休日でしたが 特別開けていただき個室をお借りしました。26名参加して楽しみました。 3月はふれあい館で29年度の反省と30年度の年間計画を話し合います。


やまびこ
  • 前回質問をいただいた件についてお答えします。
    • 中央図書館に納品したCD録音図書の件です。 図書館はデータアップグループでは ないので図書館納品図書は図書館利用者が個人で検索して申し込み、図書館が対応します。
    • 「ぽけっと」についてです。 声のたよりは図書館職員が読んでいますが、サピエトップ10は音訳しています。予約多数リストのCD編については原稿を貰うと音訳担当者が近くの図書館でタイトル名・アーティスト名・発売元名等を確認しています。5人で読んでいて、最終校正は図書館に月始めに集まり行います。原稿のミスプリがある場合はその場で図書館職員に確認します。 12月のこえのたよりの原稿は遅れましたが、午前中にFAXで原稿をいただき午後の校正に間に合いました。以前から校正日の午前中に原稿をいただき読むことがあります。


六星会
  • 1月28日 中央公園文化センター子ども広場に点字の名刺作りで参加しました。寒い日でしたが55名の子ども達が参加しました。


  • 2月4日 十条台ふれあい館第1ホールでバリアフリ―朗読会が開催されました。童話・落語・文学小説などバラエティに富んだ演目でした。26名参加しました。


  • 滝野川第5小学校から点字器の貸し出し依頼がありました。先生は他校で点字出前授業を体験なさっていて、1時間点字の授業を行い子ども達は楽しく点字に取り組んだそうです。


  • 3月18日(日)バリアフリ―映画会「グーグーだって猫である」を上映します。大島弓子原作の自伝的漫画を小泉今日子主演で映画化しました。




次回は、2018年3月16日(金)13時から
障害者福祉センター 洋室にて
司会: 六星会

上に戻る

2018年1月19日(金)
場 所:   福祉センター 洋室  
参加者: 視覚障害者 1名、 やまびこ(司会) 1名、
  点訳サークル六星会 2名  計4名


当事者
  • 12月2日・3日開催の障害者作品展に、北視協婦人部では作品の展示・販売で参加しました。 販売の売上金は例年、婦人部の活動資金に充てています。 今回は売上金や作品の管理が不十分で、 売り上げや残った作品の数をきちんと把握することが出来ませんでした。 作品やお金の管理は自分たちで責任を持って管理しなければならないのですが、 婦人部会員の参加が少なく困っています。 2月7日北視協女性部の懇談会があります。今年度の反省会と来年度の方針を決めます。 作品展も話題にしたいです。


    • 参加者
    • ガイドヘルパーはお昼時の留守番、売上、残った作品などを 婦人部の方に報告しなければならないと思います。 作品展準備の際に作品のリストを作成したらどうですか。 残った作品は1年間保管して次年度に回したら良いと思います。 食事時など持ち場を離れる際は六星会に留守番をお願いして下さい。


やまびこ
  • 前回質問いただいた「こえのたより」が「ぽけっと」発行に遅れて届いた件にどう対処 したかについて、担当者が次回のボラ会に出席して直接回答するようにいたします。
    • 参加者
    • ボラ会にやまびこさんは3人体制で毎回交代で参加していますが、 ボラ会での連絡事項はきちんと引き継いで下さい。


六星会
  • 1月28日(日)中央公園文化センター子ども広場に点字の名刺作りで参加します。 寒い時期ですがいつものようにたくさんの子ども達が参加して下さると思います。


  • 2月4日(日)14時から15時半 十条台ふれあい館第1ホールでバリアフリー 朗読会(手話通訳付き)があります。演目は森鴎外「高瀬舟」、藤沢周平・橋物語より 「約束」、「モチモチの木」他。バラエティに富んだ演目でどなたでも楽しめます。




次回は、2018年2月16日(金)13時から
障害者福祉センター 洋室にて
司会: 六星会

上に戻る

ボラカイ に戻る

直線上に配置

Copyright (c) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved