トップページへ戻る ボラカイ >  2014年



合同ボランティア情報交換会
2014年

文責:点訳サークル六星会(福祉センタークラス)



2014年12月19日(金)
場 所:   福祉センター 洋室    
参加者: 支援室 1名、 視覚障がい者 3名
  ガイドヘルパー 2名、 北桜会(司会) 1名
  やまびこ 2名、 点訳サークル六星会> 2名
       計11名
支援室
  • 障害者作品展で点字用紙を使った作品を販売し、63,170円の売り上げが有りました。 これはアイメイト協会に寄付させていただきました。 今年は従来の製品に加え、絵が飛び出すクリスマスカード・誕生カードを作成しました。 新たに壁掛けカレンダー・便箋と封筒のセットなどを販売しました。 おじいちゃん、おばあちゃんがお孫さんにあげるのか、 かわいい物から売り切れてしまいました。ご協力いただきありがとうございました。  
  •  

  • 1月に「障害者のきょうだいの立場から考える成年後見制度」の講演会を開催します。 今回の講師はお二人ともごきょうだいが障害をお持ちです。 親が元気なうちは、直接かかわっていなかったので、 親亡きあとどうしたら良いか分からなかった。 引き継ぎ書のようなものが有ったらとの思いをお持ちです。 皆さんもお知り合いにお知らせいただければと思います。
  参加者
     
  • 支援室だよりに料理教室やハンドメイド教室の報告が載っています。今度視覚障害者向けの料理教室なども開催して下さい。  

    • 支援室  
    • 障害をお持ちの方の余暇活動を行う場が少なく、 現在も定員6名のところ毎回20名近く申し込まれます。回数を増やすようにしていますが、土曜日開催となると 職員の週休二日を確保しなければなりませんので難しいのですが、来年度の事業として出来るかどうか検討してみます。  

  • 自立支援法が障害者総合支援法に変わって、全ての障害者は制度を利用するにあたって来年の3月 31日までに計画相談事業所を決めなければいけない事は分かっています。視覚障害者のケアプランを立てる事業所は北区内に19か所あるとおっしゃいましたが、その事業所はどこに行けばわかるのですか?  

    • 支援室  
    • 誕生月に受給者証の更新のお知らせが役所から届きます。その中に特定相談事業所の一覧表も入っています。 全員一斉に届くものでは有りませんし、来年3月31日までとなっていますが、追いついていないのが実情です。書類が届くまで待っていても大丈夫ですし、 遅れたから制度が利用出来ないという事も無いと思います。ご心配なら担当の障害相談係に伺ってみて下さい。 確かに65歳以上の方は介護保険も入って来ますからややこしいのですが、担当の障害相談係にいらっしゃるのが大変なら、 電話での相談も出来ますので遠慮なく聞いてみて下さい。  

北桜会

  • 風も無く好天の中、農業公園に行って来ました。 18人の参加が有り、レストランで野菜中心の昼食を食べ、 たけのこ芋などのお野菜を買って帰って来ました。 とても美味しいお芋です。以前はコーヒーを茶筅で混ぜるようになっていたのですが、 今回はスプーンに変わっていました。  

  

やまびこ

  • 12月5日に障害福祉課から依頼された「北区障害者計画」と、 介護保険課から依頼された「第6期介護保険事業計画中間のまとめ」の デージー版を納品いたしました。希望者はいただいて下さい。  

    

六星会

  • 打ち出し機が不調の為皆様にご迷惑をおかけいたしました。 修理に出している間、代替機をお借りして打ち出し、皆様に再度お送りいたしました。 よろしくお願いいたします。  

    • 参加者  
    • 今回の点字はページ数が随分上に来ていますね。  
    •  
    • 送られてくる封筒の表に貼ってある点字がきれいに読める時とそうでない物が 有るが?もっときれいに打てないかなと気になる事が有ります。  
    •  
    • 点字を教えてほしい人が居ます。持っていくものや時間はどうなっていますか?  
    •  
    • 1か所をホッチキスで止める時は2センチくらい下にして下さい。  
    •  
    • 開封する時、住所の方に切り目を入れたものですが今は?  

      • 六星会
      • お借りしている機械がそうなっています。 ページ数が狂うのではないかと心配しましたが、最後まで同じ状態でした。  

      • 宛名と内容物のシールは仲間で手分けして手打ちで作っています。 打ち手も違いますが、ブッカーのように薄いものに打った場合 つぶれてしまったのかもしれません。また発送物が多い場合は 一つの袋に同居させ、内容を追加して貼っているので読みにくいのかもしれません。 きれいに打つように注意します。  

      • 今触読練習をされている方が3人おられます。連絡してからお出で いただければ資料の準備をしてお待ちします。  

      • ホッチキスで止める場合、読みやすいようになるべく外側を止めるように していました。1か所の場合は上ではなく2センチ下げる。了解いたしました。  

      • 開封する場所は全く気にした事が有りませんでした。 切手を貼る方をあけていたように思います。  



次回は、2015年1月16日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2014年11月21日(金)
場 所:   福祉センター 洋室    
参加者: 支援室 1名、 視覚障がい者 3名
  ガイドヘルパー 2名、 北桜会 1名
  やまびこ 1名、 点訳サークル六星会(司会) 3名
       計11名

支援室

  • 12月の障害者作品展で点字用紙を使った作品を販売します。従来の作品と共に今年は便箋と封筒のセット(400円)、カードを開くと絵が飛び出す仕組みになっているクリスマスカード2種類(各100円)・バースデイカード2種類(各100円)の新作品も準備しました。  
  •  

      参加者
         
      1. 作品は土曜・日曜と分けて販売されますか?  


      2. 以前計画相談支援のお話を伺いましたが、その後受給者証が送られて来ましたが役所から何も言って来ません。どうなっているのでしょう?  


      3. 北区の老人マンションで拘束などが報じられていますが、役所ではどこが担当なのですか?  

      4.     
        支援室
           
        1. 土曜日に販売がスタートし、作品が無くなり次第終了します。  

        2. 障害者手帳を持っていらっしゃる方全員が対象になるはずで、27年度までには行う事になっています。現時点で同行援護だけしか利用されていないので、複数のサービスを利用されている方が優先され、後回しになっているのかもしれません。サービスの内容によって自治体と国に分かれています。私も曖昧ですので12月のボラ会までに調べておきます。 受給者証の5番に〇がついているかを確認してください。

          ・今までは自分の事業所利用者の計画相談事業者にはなれませんでしたが、良いとなったために 事業者が増えて来ています。26年度の福祉のしおりに特定相談事業所が載っています。

          ・セルフプランといって自分で計画を立てられる人は、自分で事業者と一緒に計画を 作る事が出来ますが、利用出来る制度に制限が有るので全てがかなうものでは有りません。

          ・厚労省は当初から介護サービス制度と障害者サービス制度を一緒にしたい考えです。

        3. 虐待防止センターが担当しています。 18歳未満の子供は育ち愛ほっと館、 65歳以上は健康福祉部高齢福祉課高齢者虐待防止センターです。

          ・虐待防止センターに連絡が有ったケースは52件と北区が一番多かったそうですが、重複した情報などで実際には32件。何を持って虐待とするかが難しいところですが、それだけ周囲が関心を持って見守っているという見方も出来ます。  


        4.     

青空会

  • 今年はスティックボール大会は残念ながら入賞しませんでした。 打順が1番で緊張した所為かもしれません。  


  • スティックボール大会と福祉大会参加のためのガイド時間が役所からいただけるようになりました。  


  • 障害者作品展ではマッサージ体験(10分・無料)を3階録音室で行います。時間の関係で 肩ぐらいしか体験出来ませんが、どなたでも参加出来ます。  


  

やまびこ

  • 東京新聞に掲載されていた情報です。
    「アートスペースチュプキ(バリアフリー映画館)が上中里駅前にオープン。22日・23日はシティライツ団体立ち上げのきっかけになったチャップリンの『街の灯』上映、25日には中国映画の予定。費用は1500円」  


    

北桜会

  • 柿狩りに行ってきました。今夏の暑さで熟しすぎていましたがおいしかったです。27人が参加。  12月は農業公園に行ってきます。  


  

六星会

  • 10月29日に図書館との話し合いに参加しました。北区のHPは近々新しくなるようですが、 図書館の検索システムは別で平成29年〜30年だそうです。議事録をまとめて疑問点等を図書館にお伺いしようと思っています。  


  • 今日欠席されたKさんからのお知らせです。図書館にシネマデイジーの50音順になった目録が 有ります。窓口でスタッフが読んで下さいますが、目録順に借りると便利です。聴き終わったシネマデイジーを返却すると、お願いしなくても図書館が次の作品を送って下さり楽しんでいます。  




次回は、2014年12月19日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

2014年10月17日(金)
場 所:   福祉センター 洋室    
参加者: 支援室 1名、 視覚障がい者 3名
  ガイドヘルパー 3名、 北桜会 1名
  やまびこ(司会) 2名、 点訳サークル六星会 2名
       計12名

支援室

  • 中央図書館職員研修会「障害者対応について」に講師として参加し、職員の接遇について話しました。利用者は同じでも職員・スタッフが代わるので、毎年あるいは2年に1度開催して下さると障害を理解して下さるかと思います。  
  •  

  • 以前に比べてバリアフリーが進んでいますが、障害者を取り巻く環境はまだまだ整備されていないということを話しました。当事者の意見を聞き、集約する事が必要です。  
  •  

  • 障害者用の駐車場に一般車両が駐車しないようにコーンが立ててありますが、車いすの方が利用する場合、一旦車を止めて車椅子を取り出し、コーンをどけ、再度車に乗り駐車する苦労が有ります。スペースを確保する親切心が台無しになっています。  
  •  

  • 以前はバス運転手が乗降の度に車椅子を持ち上げていました。現在はノンステップバスができて便利になった反面、ノンステップバスが来るまで待ってくださいと言われてしまいます。  
  •  

  • 駅ではエレベーターが出来たのでスロープがなくなり、団体で車椅子で移動する場合以前より時間がかかるようになりました。一方の改札にしかエレベーターが無い場合なども、長い距離を移動しなくてはなりません。  
  •  

  • 視覚障害者に応対する場合も声の方向で態度や誠意は伝わります。見えないと思っていい加減な態度ではすぐに分かってしまうのです。相手の立場に立って対応する心掛け。  
  •  

  • 視野狭窄では足元は見えにくいです。車道と歩道の境にある低いポールや、路面と同色の点字ブロックなどはかえって危険になります。  
  •  

  • いかにも手助けしていますという態度ではなく、気づかないようにさりげなく配慮する大切さ。ディズニーランドの配慮は素晴らしいです。  
  •  

参加者
  • 視覚障害だから分からないと思っている方が居ますが、声を聞いただけで態度や年齢・顔かたちが分かります。  


  • 図書館から取り扱い説明書のCDをお借りしたら頭出しがしてありませんでした。利用者は返却時に頭出しをするものだと思いますが、図書館は返却されたCDをチェックしないのでしょうか?  


  • お借りしたCDに親切に点字が貼ってありましたが、CDに直接貼られていました。故障の原因にならないか心配です。  


  • 図書館は区民の会が出来たことで、ユニバーサル部会で意見が聞けるのでボラ会には参加しなくなりました。ボラ会もユニバーサル部会に加入したらいいのではないですか?
    • (区民の会は部会で出た意見を役員会に諮り決定後図書館側に伝わるシステムになっています。今のボラ会のように直接物申すシステムにはなっていません。)  
     

  • 図書館では受付に人が居ても声掛けをしてきません。ガイドと一緒だからでしょうか?役所ではガイドと一緒でも声掛けが有ります。  


  • 区民の会が全国図書館大会の場で表彰されるそうです。  


  • 今週の土・日に北とぴあでシニアの作品展が開催されます。展示は作品の種類ごとになっています。  


北桜会
  • 今後の行事は成増に柿狩り・巣鴨にケーキを食べに行きます。  


やまびこ
  • 先月ご要望が有った「目録に時間」は図書館に了解を得ました。次回からは時間も入れます。  




次回は、2014年11月21日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2014年9月19日(金)
場 所:   福祉センター 洋室      
参加者: 視覚障がい者 3名、 ガイドヘルパー 3名
  北桜会 (司会) 1名、 やまびこ 2名
   点訳サークル六星会 2名、 計11名

参加者

    【図書館について】
  • 図書館からデイジー目録が届きました。最初の説明に「やまびこさんのご協力により」を入れた 方が良いと感じました。書名・著者名の他に時間も入れて下さると助かります。  


  • 図書館にデイジー図書を借りに行きました。聞きたいデイジー全4巻のうち、最終巻しか図書館に 有りませんでした。利用者からの依頼で最終巻だけサピエからダウンロードされたのだと 思いますが、利用者は初めから順に聞きたいです。図書館にその配慮が無いのが残念です。蔵書とするなら全巻お願いしたいです。  


  • 図書館のバリアフリー映画「ドクター ジュノー」を見ました。 後ろの方に小学5年生くらいの 女の子が見に来ていて、良かったなあと思いました。 短い映画だと聞いていましたがそれを 感じさせない良い映画でした。  


  • 以前主音声と副音声がダブって聞こえた映画が有り、聞きにくかった。今回はせせこましくなく ゆっくり聞けて良かった。  


  • 【体験ボランティアについて】
  • 音訳では中学生・高校生の女子2人を受け入れました。高校生はおっとりした方でしたが、 中学生は今どきの女の子と言うのでしょうか、言葉づかい、行儀などには驚かされました。  


  • 点訳は中学生の男子、高校生の女子が参加しました。男の子はおばさんばかりの雰囲気に 驚いたでしょうか、初日は点字に集中出来ずあくびの連発。ところが2日目には自宅に持ち帰ったパソコンで絵本の点字入力を終わらせていました。そして緊張が解けたのかクラブ活動の話など びっくりするほど打ち解けていました。  


  • 音訳・点訳に参加した学生さんの住まいは区外ですが、学校の掲示板を見て申し込んだと話して いました。  


  • 【計画相談支援制度について】
  • 先月のボラ会で、計画相談支援の話が有りましたが、その後何か動きは有りましたか。  


  • まったく有りません。  


  • 家族の事ですがリハビリに通っていましたら、利用出来るのは6か月ですと病院から言われました。 ずっと通えるものと思っていましたから「同じ病名では他の病院も利用出来ません」と言われ 驚きました。先月の計画相談支援の説明通り、相談支援事業所が今後の相談や役所への連絡、ケアプランの作成などをやって下さり、機能訓練に通えることになりました。  


  • 最初自分で相談支援事業所を決める事が大切になりますね。いろいろの情報を今後もよろしくお願いいたします。  


  •  


  •  

    【その他】
  • 「埼京線十条駅階段の手すりを直す予算が取れました」とMさんから皆様に報告を頼まれました。
    (弱視の方には手すりが道路に出っ張っていて邪魔かもしれませんが、出っ張りが無いと駅を 通り過ぎてしまう利用者もいます。どういう風にやり直すのか心配です。)  


  • 会の行事で100名くらいが利用できる場所を北区内で探しています。飛鳥山公園を考えて いますが他に良い場所は有りますか。
    (名主の滝・滝野川公園と防災センター・中央図書館見学・ふるさと農家体験館・味の素ナショナルトレーニングセンターなどの声)  


  • 利用者は役所などの窓口で応対する職員は職務に関してプロだと思っています。しかし現実は職員により大きな差が有ります。異動の多さが要因だと思います。  




次回は、2014年10月17日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2014年8月15日(金)
場 所:   福祉センター 洋室        
参加者: 社会福祉協議会 1名、 実習生 2名
  支援室 1名、 視覚障がい者 3名
  ガイドヘルパー 3名、 北桜会 1名
   やまびこ 1名、点訳サークル六星会 (司会) 2名
          計14名

参加者

    【役所からのお知らせについて】
    役所から書類が届きました。内容が良く分からないので説明して下さい。  
     
    「社協・支援室」
  • 計画相談支援のことです。介護保険利用者さんにはケアマネージャーの制度が有ります。 障害の分野でも同様に計画相談支援を行いましょうという制度です。  


  • 役所が聞き取りをする(80項目の質問に答える)
    → 病院で認定のための診断書(聞き取りの時に役所が持参)を書いてもらう(医師が役所へ提出)
    → 相談支援事業所のリスト(北区の場合は11ヶ所)の中から自分で事業所を決め、役所に報告
    → 役所から相談支援事業所へ連絡 → 相談支援事業所が本人・家族への聞き取り調査をし、 ケアプランを作成する
    → 役所、相談支援事業所、利用する事業所でケアプランの内容について話し合う
    → 役所が区分認定とサービス内容の支給を決定する。  


  • 計画は定期的なものについて行います。緊急時の対応は出来ません。  


  • 現在北区では計画相談支援事業所が少ないので、区外事業所の利用も可能です。  


  •  
    参加者:
  • ガイドヘルパーを利用しているだけで、 相談支援の必要もない方にも自動的に制度が適用する必要があるのか疑問です。  


  • まったく知らない相談支援事業所をすぐに選べと言われても難しいですね。  


  • 社協さんは計画相談支援事業所さんにはならないのですか?
    ⇒(相談支援事業所の資格に合わないのです。また地域福祉活動第3期に重点を置いていますから・・・)  


  • 1度事業所を決めた後に変更は可能ですか?
    ⇒(可能です)  

  •  

社協実習生からの質問

  • 皆さんが生活される中で周りの手助けは有りますか?


    • 昔は近所付き合いも有ったが今はない。  


    • 一般の人は視覚障害について知らないので、どうしていいのか分からないのだと思います。  


    • 無関心な人が多い。


  • ユニバーサルデザインなど様々な面で良くなっていると思いますが、その点では如何ですか?


    • 障害によって必要なものが違うので、一概に良くなったとは言えない。 道路に段差がなくなり車いすの人には良いが、視覚障害には道路と歩道の区別がなくなり危険になった。  


    • ホームに設置されているエレベーターも端にあり、利用しにくい。 設置しただけでバリアフリーになったと思わないでいただきたい。利用する人の立場で考えて欲しい。  


    • ホームに有る点字ブロックを上り下りで種類を変えてと何回も言ったが聞いてもらえない。点字 ブロックの種類が違うだけでホーム転落が少なくなると思う。  
    •  
  • そのほかに


    • 英語テキストの音訳作業で自分の思い込みで読んでしまい、校正で指摘された。どうしたら 分かりやすくなるか、気付く大切さを感じた。  


    • 分からない時は本人に聞き、相手に合わせた手助けが大切だと思います。  


    • 私は音声読み上げパソコンでいろいろな情報を得ています。  
    •  



次回は、2014年9月19日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2014年7月18日(金)
場 所:   福祉センター 洋室
     
参加者: 視覚障がい者 3名、 ガイドヘルパー 3名
  北桜会 (司会) 1名、 やまびこ 3名
   点訳サークル六星会 2名 計12名

参加者
    【図書館の目録について】
  • やまびこでは、年度初めに図書館から目録原稿をいただき作製する「デイジー目録」と、声のおたよりの「新着情報リスト」の2つに分けて考えています 年度初めにいただく予定のデイジー目録原稿が7月にやっと届きました。
    声のたよりの新着リストは、利用者さんの「繰り返し同じ情報を!」のご要望にお応えし、 前月分までをまとめて、やまびこが吹き込んでお届けする事になりました。
    2012年の打ち合わせでは、年1回年度初めにデイジー目録を作製し、利用者にお送りすることになっていましたので、2013年度分は4月に作成し図書館にお渡ししました。  


  •  
    「参加者の声」
  • やまびこさんが作製した2013年度のデイジー目録は、図書館から利用者には送られて来ませんでした。2012年度のものしか受け取っていません。


  • デイジーリストには録音時間も入れていただくと良いと思います。  


  • 図書館が「サピエ図書館からデータをダウンロード」したデイジーを送っていただきました。 点字本も読み終えたのでデイジーを楽しみに聞いていましたが、ちょうど良いところで切れて終わってしまいました。職員はダウンロードしたものが最後まで入っているか確認し、利用者に送るべきではないでしょうか? 以前にも不備が有り、これで2回目なのです。  


  • 図書館受付カウンターに行ってもスタッフが居るのに誰も声を掛けて来ません。  


  • 図書館の蔵書検索を、支援室さんが教えて下さったようにタブキーを何度も押してやってみました。  検索のページでデイジーと入れたら何冊かヒットしましたが、最初の10冊が表示されただけで、次に進むことが出来ませんでした。  


  • 蔵書検索でデイジーと入れると一般図書のデイジーという文言の本がヒットします。デイジー図書を検索する場合はDAISYとアルファベットで入力する必要があります。  


  • 声のおたよりで、図書館の蔵書検索のやり方などを知らせてくださると良いと思います。  


  • 図書館の都合に利用者が合わせなければならないのはおかしいと思います。  


  •  
    【中央図書館避難訓練について】
  • 26日に行われた中央図書館の避難訓練に参加しました。休館日でしたから参加者より職員が多く、マンツーマンの誘導でした。開館日に実施するとか、一般区民を募集するとかして訓練を行わないと本当の訓練になりません。  


  • 集合場所・訓練開始・避難誘導・意見交換の周知、どれをとっても図書館の連絡体制の不備を感じました  


  • 避難訓練を陣頭指揮するトップがどなたなのか、参加者には全く分かりませんでした。  




次回は、2014年8月15日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:点訳サークル六星会

上に戻る

2014年6月20日(金)
場 所:   福祉センター 洋室      
参加者: 視覚障がい者 2名、 ガイドヘルパー 2名
  北桜会 1名、 やまびこ (司会) 2名
   点訳サークル六星会 3名 計10名

参加者
    【中央図書館避難訓練について】
  • 中央図書館の避難訓練が26日に行われます。消防署も参加し、AEDの操作・消火訓練を行います。 今回は非常ベルと同時にパトライトの点滅予定。また非常時には電源が落ちても30分は動く システムになっており、その後ドア等は手動で開けられるとユニバーサル部会で報告が有りました。


  • 今まで何回か訓練に参加しました。図書館は終了後参加者の意見・感想を聞いて下さいますが、その後の報告がありません。  


  • ガイドの支給時間を使って参加するのですから、それなりの前進がないと参加しても意味がないと感じます。  


  • 障害者団体だけに知らせるのではなく、広報に載せ一般の方にも参加してもらう方が有意義ではないでしょうか。  


  •  
    【図書館の対応について】
  • 利用者とスタッフの対応に問題が生じたりした場合、職員に報告が届いているか疑問に感じます。


  • レファレンスコーナーには職員が居ます。窓口ではなくレファレンスに電話をつないでもらうのはどうでしょうか?  


  • 担当者は「ご利用下さい」と言われますが、声のたよりに1回だけ新刊情報が載っても覚えていられません。まとめたものを繰り返し同じもので良いから載せて下さいとお願いしていますが、実現しません。  


  • 以前の図書館HPは音声ソフトのパソコン操作で図書検索ができました。北区では数年前にシステムを変更され、その後は音声ソフト操作では必要なところに入れません。情報がないと利用したくても出来ないのです。  


  • デイジー目録を図書館にお願いしても作ってもらえないなら、気付いた事をやるのがボランティアです!自分たちで作ったらいいと思います。  


  •  
    【携帯リーダーの実演】
  • 色の読み取り・A4の用紙を読みあげてくれるものです。当時は19万8千円したそうですが、数年前アメディアフェアに参加し、当選しました。


  • 色の識別は上手く出来なかった! 用紙の読み上げは初期設定をすれば利用出来そうでした。  


  • スマートフォンのアプリもいろいろ開発されているようです。  


やまびこ
  • 前回のボラ会で、広報課に『私の便利帳のデイジー版を送って下さいと電話したところ、 受けた担当者がデイジー版について承知しておらず、話が通じないため、おもわず電話を切ってしまいました。』の報告が有りました。やまびこが送って下さるように手配しました。  




次回は、2014年7月18日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

2014年5月16日(金)
場 所:   福祉センター 洋室
       
参加者: 支援室 1名、 視覚障がい者 4名
  ガイドヘルパー 3名、 北桜会 1名
   やまびこ 3名、点訳サークル六星会 (司会) 2名
        計14名

支援室
  • 北区のヘルプカードが19日から区役所で配布されます。
    ヘルプカードは、災害時に障害について知っていただく、自分からは伝えられない時に役立つように、 区内の皆さんにアンケート等でご協力いただき、出来上がったものです。
    中にカードが入っており、名前・緊急連絡先・助けて欲しいことなどが記入出来る ようになっています。  


やまびこ
  • デイジー版で「知って下さい、ヘルプカード」を作成し役所に納めました。
    役所に取りに行くのが大変な方には郵送して下さるようお願いして来ましたので 御利用下さい。  


  • 「広報東京都」5月号に図書館など公共施設で広報東京都のデイジー版が聞けますと掲載 されていました。
    11月からは視覚障碍者の方を対象に個別配送も開始しますとあります。
    希望者は生活文化局広報課(5388−3093)までご連絡下さい。  


  • 代表が代わりました! どうぞよろしくお願いいたします。  


参加者
  • 北区の広報課に「私の便利帳のデイジー版」を送って下さいと電話しました。
    電話を受けた担当者がデイジー版について承知しておらず、話が通じないため、 おもわず電話を切ってしまいました。  


  • 私の場合は「私の便利帳と福祉のしおり」を一緒に送ってと電話をしました。 後で調べてきちんと送って下さいました。
    一方図書館では、電話を受けた方の対応で大変不愉快な思いをしました。図書館は 代表電話につながるので、障害担当をお願いしますと言っても時間がかかりますし、 電話口で名乗って下さいますが早口ではっきり聞こえません。 今まで聞かれたことがない、登録番号まで尋ねられました。  


  • 先月話題になりました「中央図書館のデイジー図書目録」の件は、区民の会で きちんとお願いして来ました。 25年度分の目録は今準備中との事です。今年度分からは5月完成分に 6月完成を追加して声のたよりに掲載します。  

  •  
  • 北桜会は20名で足立区の農業公園に行き、 お茶を飲んだりお土産にねぎを買うなどして楽しみました。  


  • 点訳サークル六星会は、ボランティアぷらざ主催「体験ボランティア」の受け入れ側としての 事例発表に参加しました。
    会の活動時間中にボランティアを受け入れている為、日頃の活動内容を理解して戴き、 年齢を超えた交流が出来る事。参加者に完成した点字付き絵本と共に「修了証」 を差し上げる時は、会員の拍手と「おめでとう」の声が起こる様子などを発表してきました。  




次回は、2014年6月20日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2014年4月18日(金)
場 所:   福祉センター 洋室
       
参加者: 支援室 1名、 視覚障がい者 5名
  ガイドヘルパー 3名、 北桜会 (司会) 2名
   やまびこ 2名、点訳サークル六星会 2名
        計15名

支援室
  • 6月にヨガ講座は松丸氏を講師に・成年後見制度講座はあんしん北センター長の 小原氏をお迎えして行います。成年後見制度講座は2回目を7月に、実際に障害者の 後見人をしておられる方に事例報告をしていただく予定です。  


  • 障害者総合支援法の一部が改正されました。障害福祉サービス受給者証にある 「障害程度区分」が「障害支援区分」に見直されます。調査項目が106項目から80項目に 変更されます。重度訪問介護の対象者が拡大され、重度の肢体不自由者に加え、重度の 知的・精神障害で対象基準に該当する方も加わりました。 ケアホームがグループホームに一元化されます。  


  • 支援室で作成した小冊子「介護職員が行える医療的ケアの範囲」をお持ちしました。 24年4月1日から制度の一部が改正され、痰の吸引や経管栄養の一部の医療行為が 一定の条件のもとで介護職員でも実施できるようになりました。  


  • 「支援者へのバトン」作成講座を予定しています。親亡きあと後見人に託すもの。 好きなもの、こうして欲しい事などをノート形式で書きとめて支援者へ渡す準備をします。 次号の支援室だよりに掲載予定です。   


参加者
  • 総合支援法の一部が改正を見て、名称が変わるだけのような気もしますが・・・  


  • 医療的ケアの範囲を初めて読みました。親や家族が普通に行っている事がなぜ禁止 されていたのか理解出来ません。  


  • 中央図書館のデイジー目録は、希望者は1回申し込めば次回からは 定期的に送って下さるはずになっていましたが全く届きません。 声のたよりに目録が入っていますが、毎回同じものでもいいので 入れて欲しいとお願いしていますが、こちらも実現していません。  


  • 北桜会ですが次回からボラ会参加担当者が変わりますのでよろしくお願いいたします。  




次回は、2014年5月16日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:点訳サークル六星会

上に戻る

2014年3月14日(金)
場 所:   福祉センター 洋室
     
参加者: 視覚障がい者 3名、 ガイドヘルパー 2名
  北桜会 1名、 やまびこ (司会) 1名
   点訳サークル六星会 2名 計9名

参加者
  • バリアフリー映画「武士の家計簿」は副音声の説明が細かすぎず聞きやすかった。  


  • 北区ではバリアフリー映画会が定着して本当に良かったと思います。  


  • 以前の映画会で、映画開始後は中に入れてもらえなかったと聞きました。なぜでしょうか?  


  • 江東区・台東区も有料ですが、バリアフリー映画会を行っています。  


  • 以前中央図書館に「デイジー図書の目録をポケット声のたより最後に毎回入れて下さい」とお願いしましたが、なかなかやっていただけません。  


  • サピエ図書館からデイジー図書をダウンロードしていただくのですが、届くまでに時間がかかります。職員だけではなくスタッフもダウンロードが出来るようになると早くなると思いますし、職員が異動された後もスムーズに業務が引き継がれると感じます。  


  • 「東京メトロ・都営地下鉄駅情報デイジー編」を5部コピーしてきました。ご希望の方はお知らせください。  


  • 先日タウンページが玄関において有りました。我が家では「電話帳もタウンページも不要です」と断っているのになぜ置いて行ったのかしらと手に取って見ると、北区が発行している「わたしの便利帳」がタウンページと一緒になっていてびっくりしました。すぐに避難所MAP北区部分までを残し切り離しました。   お年寄りには重くなって調べにくいと思いますし、不要なものをつけないで欲しいと思いました。  




次回は、2014年4月18日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

2014年2月21日(金)
場 所:   福祉センター 洋室
       
参加者: 支援室 1名、 視覚障がい者 3名
  リハビリテーションワーカー 1名、 ガイドヘルパー 3名
  北桜会 (司会) 1名、 やまびこ 2名
   点訳サークル六星会 2名 計13名

参加者
  • 支援室で「きょうだいの本音」の講演会をなさいましたが如何でしたか?  


    • 支援室
    • 「きょうだいの本音  障がい者のきょうだいの声を聞こう」をテーマに、 きょうだい支援の会代表の有馬さんを講師にお迎えし開催しました。 カウンセリング等を学んでいる学生さんを含め35名の参加が有りました。
      親が障害のある兄弟にばかりかまけている、兄弟に対する親からの過度の期待等々意見が出されました。
      アメリカでは親、きょうだいの支援プログラムが有り、同じ障害者同士のピアカウンセリングが行われている。 日本でもぜひ広めて行きたいとおっしゃっていました。  


      参加者
    • 今回学生さんが参加されていますが、お知らせはどうされたのですか?
      我が家の近所に障害があるお子さんがいらっしゃいます。 ご姉妹がいらっしゃるので支援室のお知らせを差し上げようかどうしようかと迷い、 とうとう渡せませんでした。  


      支援室
    • 学生さんは北区ニュースを見てお仲間と参加して下さいました。
      チラシは近くの養護学校等にもお配りしましたが、 学校が休みの土曜日に開催したので参加が難しかったかもしれません。  


リハワーカー
  • 今日はリハビリテーションセンターで入所して訓練をされ、 3月の退所後は滝野川にお住いになる利用者さんと一緒に伺いました。 皆さんからお話を伺えればと思います。  


    • 参加者
    • 役所に手続きに行く時、視覚障害に関する事業にはどのようなものがあって、手続きには何と何が必要ですか?と聞かれた方が良いです。  


    • 家に閉じこもらないで障害者スポーツセンターなどに参加されると良いと思います。  


    • ガイドヘルパーの利用時間は個人個人によって違います。区では上限が決まっていますので、これからの生活、健康、訓練などを考え必要時間をはっきりお願いした方が良いと思います。  


    • 図書館では対面音訳の制度が有り、本や書類を読んでもらえます。お近くのふれあい館などでも行えますので、中央図書館で利用登録されると良いですよ。  


    • NTTではふれあいサービスが有ります。登録すると番号問い合わせ(104)が無料の他、直接交換が出て対応してくれますし、番号が覚えられない場合はその場でつないでもらえます。


    • 一度にすべての制度は覚えられないので、支援室・社協・音訳のやまびこ・ガイドの北桜会・点訳の六星会の電話番号を教えてもらって、お困りの時はご連絡下さい。


    • 東京都盲人福祉協会(都盲協)に依頼すると歩行等の訓練に自宅まで来てもらえます。

参加者
  • 「東京メトロ・都営地下鉄駅情報デイジー編」の触図とCDを申し込みましたがはずれました。希望者300名と書かれていましたが?  


    • 私は情報をメールで教えていただき、すぐサークル名を記入して申し込み送っていただきました。会で回覧したいと思いますので差し上げられませんが、CDのコピーが出来たらと思います。

      • CDのコピーは許可の確認が必要だと思います。

        • きちんと確認してから皆さんにお知らせいたします。


  • 先月からお話が有った十条駅北口の階段手すりは、立ち上がり部分にクッション材と白と緑のテープが巻かれ、黄色い点字ブロック上に目立つように工夫されていました。

    • 十条駅で対応して下さった駅長さんは異動されたそうです。テープは一時的なものだそうで、きちんとするには再度申請をしなければならないそうです。


  • 社協の新人ガイドさんがガイド方法の見学を兼ねて参加されました。




次回は、2014年3月14日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2014年1月17日(金)
場 所:   福祉センター 洋室
     
参加者: 視覚障がい者 4名、 ガイドヘルパー 2名
  やまびこ 2名、 点訳サークル六星会 (司会) 1名
        計9名

参加者
  • 10時からぽち袋づくり体験を行いました。 合同ボランティア会のために、特別に支援室さんが開催して下さったもので、今回限りです  


  • プレクストークにカバーをすると、 不要なボタンが隠れ操作に慣れない方には便利とのお話でしたが、 テープを聞くのと同じで、速度調節・聞きたい場所に飛ぶことも出来ません。  


  • 私は機械を使いこなしてはいませんが、カバーが有ると邪魔です。  


  • プレクストークにはメモ帳機能などが有りよく使っています。 私は50音順に電話帳を作ってもらい、知りたい番号にすぐ飛べるので便利です。  


  • 電話帳を対面音訳時に作り直してもらえます。 機械操作に不慣れな音訳者もいますので予約時にお知らせのうえ、カードまたはCDをお持ちください


  • 先月のボラ会で十条駅北口の階段手すりのお話が有り、 JRに行って話し合うとおっしゃっていましたが、その後どうなったかご存じですか?


  • 私はあの手すり位置で良いと思っています。 白杖を振って歩けば転ぶ事はないと思いますし、点字ブロック上に手すりが有る事によって、 ここが駅だとわかるので便利です。目の見え方によって便・不便の感じ方は違うと思います。

  • JR東日本東京吹奏楽団の演奏会が北とぴあで有り、毎年楽しみにしています。 来年も開催されますので是非皆さんも行ってみて下さい。  


  • 前回のバリアフリー映画「ポー川のひかり」はさっぱり分からなかった。 当日次回上映映画のお知らせが有り、これは行きたいと思います。


  • 昨年暮れにプレクストークが故障して修理を依頼しています。 耐用年数が過ぎているので、修理費によっては買い替えも考えています。


  • 日点や日盲連だと修理費用の見積もりを出してくれますね。




次回は、2014年2月21日(金)13時から
障がい者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

ボラカイ に戻る

直線上に配置

Copyright (c) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved