トップページへ戻る ボラカイ >  2009年



合同ボランティア情報交換会
2009年

文責:点訳サークル六星会(福祉センタークラス)



2009年12月18日(金)
場所:   福祉センター 洋室

参加者: 視覚障害者 4名、 ガイドヘルパー 3名
  やまびこ 1名、 北桜会 1名
  点訳サークル六星会 2名   計11名


参加者

  • 中央図書館にデイジー図書を音訳グループが納められましたが、 図書館が貸し出しをやっていない。 先日問合わせたところ「登録上の問題があり対応している最中」と返事をいただきました。 利用者の立場として「登録上の問題は内部の事情。ノートに記載すれば 貸し出しはすぐにも出来る」と思います。


  • 今年3月の段階で図書館はデイジー図書の依頼を出しておられます。 その時点で「登録上の問題の対応策」を講じていれば、 すぐにも貸し出しが可能だったはず。図書館の見通しが甘いのではないでしょうか。


  • 音訳依頼を図書館にしたところ、完成の知らせを音訳グループからいただきました。 利用者は図書館に依頼したのだから、音訳グループは完成を図書館に伝え、 図書館から利用者に完成を知らせるべきではないでしょうか? 図書館の役割とボランティアの役割があいまいになっているような気がします。


  • 役所からの送付書類に発送元シールがついていませんでした。 発送元シールがついていればそのままにせず、すぐに誰かに読んでもらえます。 今回のように1月15日までに提出と期限が有る時はなおさらです。 役所の窓口に苦情を言いに行きました。窓口では「アルバイトが発送したので・・・」と 言われましたが、それは通用しません。


  • 今まで送られてきた書類を見ますと、一斉に全員に出す書類には貼ってありますが、 個々のものにはシールは貼っていません。これでは困ります。 介護保険課・高齢福祉課・障害福祉課など、それぞれの部で考慮していただきたいです。


  • 私の便利帳や福祉のしおり等、担当課で作成したデイジー図書があります。 ボランティア会に参加しているから「デイジー図書」が有ることが分かりますが、 その存在を知らない人がほとんどです。中央図書館に是非置いていただきたいと思いますし、 北区ニュースなどで知らせて欲しいと思います。


  • 今北区ニュースはテープ版と点字版がありますが、デイジー版も作って欲しいとおもいます。 デイジー図書は聞きたい場所にジャンプできて非常に便利です。 今後テープは製造しない方向に世の中は動いていますので、 利用者に直接どんな方法がいいかを聞いていただきたいです。


  • 北区ニュースの12月最初の頃に、バリアフリーマップが完成した(?)と 掲載されていたように記憶していますが、何処が作成して何処においてあるのでしょうか?


  • 参加者
    • 今回は図書館も欠席されていますから、図書館への疑問は質問の形で提出し、 1月にお返事を戴くようにしましょう。


    • 発送元シールの件は、推進委員会が開催されればその場で質問する事が出来ますが、 今年度はまだ開催されていません。 障害福祉課に伺ってみると共に、北視協会長さんに連絡してみましょう。





次回は、2010年1月15日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

2009年11月20日(金)
場所:   福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 2名、 支援室 1名
  やまびこ 1名、 視覚障害者 4名
  ガイドヘルパー 2名、 北桜会 1名
  点訳サークル六星会 2名   計13名


中央図書館

  • 副音声・字幕付きバリアフリー映画の上映が12月6日に行われます。


  • 障害者作品展で点字本のリサイクル・カセットのリサイクルを行います。 重いのでお近くの図書館まで配送いたします。どんな本をリサイクルに出すか考慮中です。


  • 来年1月1日に著作権法の改正が行われます。 視覚障害者用録音図書や聴覚障害者のための映画の字幕など、 公共図書館は著作権の許諾を得なくても製作可能になります。 ただし市場に無い物(既に販売されているものは認められません)。 詳しくは日本図書館協会Q&Aをごらんください。


  • 参加者
    • 今回の上映会に障害者の来場が少なくても、 すぐにやめるようなことはしないで、ぜひ続けてほしいです。


支援室

  • 新政権になって福祉がどのように変わるかの質問が有りましたが、 まだはっきりしたことは分かりません。


  • 自立支援法が廃案とも言われていますが、現実は厳しい。 今年度は無理だと思います。 障害者総合福祉法と名前が変わっても、内容がどうなるのかは見えていません。


  • 介護と障害が統合したあとどうなるか? 国・都・区の制度かによっても違います。 はっきりしないと現場はどうしていいか分からない状態です。


  • 知的活動問い合わせを月〜金に受けています。


  • 子育て支援学事課が発行の「たんぽぽノート」があります。 これは母子手帳の障害者版のようなものです。この情報が障害者施設に流れて来ません。


  • PTR2の講習会は6名の参加があり、ガイド2名も見学しました。





次回は、2009年12月18日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2009年10月16日(金)
場所:   福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 1名、 やまびこ 1名
  視覚障害者 2名、 ガイドヘルパー 2名
  北桜会 1名、 点訳サークル六星会 2名
        計9名


中央図書館

  • 区民の会ユニバーサル部会で計画した副音声・字幕付き映画の上映が、 12月6日10時からに決まりました。
    11月1日号北区ニュースに掲載されますが、視覚障害の方は電話でお申し込み下さい。
    締め切りは11月14日です。


  • 参加者
    • 行事終了後に感想用紙が配られますが、 今回はバリアフリー映画会ですので各障害に合わせた方法で聞いてください。
      後日電話や来館時でも提出可能な事を知らせていただけば、今後の参考になると思います。


    • 先日9時半頃、図書館窓口に本を借りに行きました。 カウンター内に人がいるのに、声を掛けてきません 。担当以外は手出しをしないシステムになっているのでしょうか?


    • 受付担当者に「椅子に座って待っています」と 伝えたところ、「自分は交代でいなくなります」と言われました。
      「交代で居なくなりますが、引継ぎの担当者に伝えます」と言う教育がなされていません。


    • 対応した担当者は、事前に名前を名乗ってくださるとありがたいです。


    • ポケット21のテープ版には職員の声で 点字本が出来たと入っていました。
      デイジー図書も新刊は伝えてください。 折角出来上がった本でも、情報を教えていただかなければ借りる事が出来ません。


    • 先日納入された点字本を借りに行きましたが、 まだ登録されていないため、貸出に時間がかかりました。


    • デイジー図書の予約をお願いしました。 人気が有る所為か6ヶ月待ちと言われました。 個人で音訳さんにお願いし、後日図書館に納める方法もあるのではないかと思いましたが?


    • デイジー図書や点字本はあちこちの団体で作っていることが多いので、 ひとつの図書館で6ヶ月と言われても、他に問い合わせたり、 6ヶ月放りっぱなしにしないで、時々あたってみてください。


    • デイジー図書は簡単にコピーが出来るのが利点ですが、それでも6ヶ月待ちなのですか?


    • 図書館主催の音訳講習会を開催されていますが、点訳も開催されるのでしょうか?


    • 図書館
      • 利用者がカウンターに見えているのに声掛けもしないことは、再度徹底します。


      • 点字本の登録については、良く分かりませんので担当者に伝えます。


      • 講習会は事業係が担当ですので、こちらも伝えます。


      • 著作権問題がありますので、個人用を図書館が受け入れる事は現時点では出来ません。


    参加者
    • 荒川区のガイドヘルプ講習会は如何でしたか?


      • 男性は5人参加されており、熱心に質問していました。 経験をいろいろ積んでいらっしゃる方が多いように感じました。


    • 先日「福祉のしおり」デイジー版を下さいと区役所にお願いしたら、 無いと言われました。


      • 健康福祉課に聞かれたのではないですか? 5番窓口の障害福祉課に有ります。 新たに「高齢者福祉のしおり」のデイジー作成を依頼されました。


    • 折角デイジーで作成されても利用者に情報が伝わらない。 北区ニュースなどで知らせて欲しいです。


    • 日点のデイジーマガジンが無料で届きます。


    • 11月1日〜3日 サイトワールドが開催されます。 これは視覚障害関係のあらゆるものが展示されます。





    次回は、2009年11月20日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
    司会:やまびこ

上に戻る

2009年9月18日(金)
場所:   福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 1名、 支援室 2名
  やまびこ 1名、 視覚障害者 2名
  ガイドヘルパー 2名、 北桜会 1名
  点訳サークル六星会 2名   計11名


中央図書館

  • 点字本の整理をし、リストアップしました。
    この中で何を残し、何を障害者作品展のリサイクルに出すかを考えています。


  • 参加者
    • あまり古い本ですと情報が違って来ますから、リサイクルに出した方がいいと思います。


    • ポケット21のテープ版には職員の声が入っています。 点字ポケットにも声を入れた方がいいと思います。


    • 返却カウンターに点字本を返そうと立ち寄りましたら、総合カウンターでお返し下さいと言われました。  一般書も点字本も返却に変わりはないはずです。


    • カウンターでの応対時、利用者ではなく、付き添い(ガイド等)に向かって説明されるのは困ります。 利用者ご本人へ説明してください。


    • 視覚障害者=対面朗読と思われているようで、用件を聞かずにカウンター奥に担当者を呼びに行ってしまいます。 きちんと話を聞いてから対応してください。


    • 新中央図書館に移行する時点で利用者に電話を掛け、引き続き利用されるか調べられたと思います。 登録が確認出来た方に、テープで図書館の利用案内やその他の情報をお送りしたら如何でしょうか?


    • 以前にもお願いしましたが、作家のリストは作っていただけませんか?


    • 図書館
      • ポケットのテープ版の職員メッセージの件は了解しました


      • 図書館担当者には徹底しているのですが、慣れた頃に異動してしまう状態が続いています。   再度徹底するようにします。


      • 視覚障害者の図書館登録は100名以上居られました。その方々に情報をお送りすることは可能だと思います。


      • 作家のリストは、多忙のため今しばらく時間を下さい。



支援室

  • 視覚障害者のための読書講習会  プレクストークを使ってデイジー図書を読んでみませんか?
    • 日時 10月8日(木) 13〜15時半
    • 講師 点字図書館 藤本氏
    現在3名の申し込みがあります。前回の講習で「再生の仕方を何回もやって欲しかった」のご意見がありました。 進路によってグループ分けをして進めたいと思います。


  • 荒川区の社協からの依頼で、9月19日(土)にガイドヘルプ講習会を行います。 参加者20名。知的障害・ホームヘルパーのガイドはやったが視覚障害は初めての方々です。 お陰さまで、今年も昨年同様2名の方に協力していただくことに決まりました。 是非当事者の立場で「こんな事は困る」 ガイドさんも先輩ガイドの立場から 「心がけている事」等をお話いただけたらと思っています。よろしくお願いいたします。


  • 先月中央図書館で接遇の講習を行いました。 ガイドの仕方・車椅子の押し方・聴覚障害の方の対応などです。


  • 障害者福祉センターの工事の関係で1月ごろになると思いますが、 ふらりと立ち寄れる場所を作り、プレクストーク等気軽に聞いたり教えあえる場と したいと思います。是非よろしくお願いいたします。


  • 参加者
    • 先日社協から「プレクストークが欲しい方がいます。 不要な機械をお持ちの方はありませんか?」の問い合わせがありました。 今は新しい機種が出されており、使わない機械をお持ちの方もいらっしゃると思います。 支援室で呼びかけてくださると助かります。


    • 先月もお話しましたが、ガイヘルの切り替えの連絡が何もないので放っておきました。 8月に仮通知が届きました。そして3年ぶりに診断書を提出してといわれました。 眼科の診断書なら分かりますが、内科の診断書です。 しかも話では介護1になっていると言われました。


    • 役所関係の書類はどのくらいの期間保管しておいたらいいでしょうか?


    • 支援室
      • 18年に自立支援法が出来、 移動介護は区、通院は都が負担するようになり、 介護保険を優先するように変わりました。 3年前に診断書を出されたなら、それなりの説明があったのではないかと思われます。 一度区役所1番の相談係に行って、お聞きになった方が良いと思います。


      • 私の場合は、提出する書類は必ずコピーをします。 支援法になってわからなくなってきますから5年間は保管するようにしています。




次回は、2009年10月16日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

2009年8月21日(金)
場所:   福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 2名、 支援室 1名
  やまびこ 1名、 視覚障害者 2名
  ガイドヘルパー 2名、 北桜会 1名
  点訳サークル六星会 3名   計12名


中央図書館

  • 区民の会と協働で、毎月第3土曜日13時半から、館内バリアフリーツアーを行います。 第2金曜日までにご予約ください。参加者のご希望にあわせた説明を行います。 8月は、残念ながら参加者がいらっしゃいませんでした。
    手話サポートも、ガイドツアーと同時間帯に行っています。こちらは予約はいりません。


  • 対面朗読の利用は増えています。
    利用時に、音訳さんが サポート室の器材の説明もしてくださっています。


  • 外出が困難な方のための宅配サービスは残念ながら増えていません。


  • 点字本の整理をしています。
    残すものは、ないーぶネットに所蔵館登録をして、 他は障害者作品展でのリサイクルを考えています。新しく点字本目録も作成したいと思います。


  • 点字本の返却はご自宅に近い図書館で出来ます。


  • 千葉の県立中央図書館がモデル事業としてデイジー図書をアイポッドに収録し、 視覚障害者への貸出をしていると東京国際ブックフェアで発表されました。 1度見学に行きたいと思っています。障害者サービス担当に視覚障害の職員がいます。


参加者
  • 中央図書館も日本図書館協会に所属していますか? 24時間テレビのチャリティーでプレクストークや読みともの贈呈を行っています。 図書館も申し込んだらいかがでしょうか。


  • 2010年から公立図書館が作成依頼したデイジー図書に関しては、 著作権がフリーになると伺いました。プライベートで依頼されたものを 再度校正し、中央図書館に寄贈することは可能でしょうか?


  • ポケットのテープ版にないーぶネットの新着案内があるが、 ないーぶネットがどんなものか説明をしてもらえると、 利用者が増えるのではないでしょうか?日本点字図書館よりないーぶの方がデータが多いです。


  • 新しく点字本目録を作成するときは、デイジー版も作ってください。


  • 好きな作家の本を借りていますが、図書館で検索をお願いしたら、 今パソコンの近くにいないのでできないと言われました。


  • 点字本を書庫に入って探したいです。福祉センター図書室では探すことが出来ました。


  • 図書館
    • 以前の担当者から聞いたように思いますが、チャリティーの件は調べてみます。


    • 音訳・点訳に関して、図書館としては北区のことは北区でと考え、 他地区では作成してくれない北区の地域資料をまず手始めにと考えています。 一般書はすでに音訳・点訳されているのもが多くあります。 また点字本は閉架の書庫にあり、危険ですから入ることは出来ません。 オープン書架の点字本コーナーの新しい本を定期的に入れ替えるようにしています。


    • ないーぶネットでの検索依頼は、レファレンスコーナーで出来ます。 電話の場合は障害者担当のI、スタッフではAかYを呼んでください。


    参加者
    • 私達も地域資料だけではなく、一般の本が読みたいです。 せっかく図書館へ行っても地域資料だけしか置いてないのでは、つまらないです。


    • データから音声で聞いたり、ピンディスプレイで読む方法もあります。



支援室

  • 日本点字図書館でプレクストークの貸し出しを行っています。 まだ器材に余裕が有るようですので、皆さんにお知らせ下さい。
    参加者条件は
    • 点字図書館に利用登録をされている方。
    • デイジーを利用した事の無い方。
    • 再生機を持っていない方。
    • 点字図書館の操作講習会に参加されること


  • 荒川区の社協からの依頼で、9月19日(土)にガイドヘルプ講習会を行います。 支援室では、講習会には必ず当事者に参加していただくことにしています。 お陰さまで、今年も昨年同様2名の方に協力していただくことに決まりました。 是非当事者の立場でお話いただけたらと思います。またガイドさんにも先輩ガイドの 立場からお話いただけたらと思っています。よろしくお願いいたします。


  • 参加者
    • 北社協ではガイドヘルパー養成講習会は行わないのですか?

    • 役所から書類が届いたのですが北区ではまたシステムが変わりましたか?


    支援室
    • 北社協では利用者も・ガイドも新規は募集していません。 スキルアップ講習会はM先生が担当されています。

    • 国の見直しで自立支援法が変わりました。 家族と同居していても個人としてみるようになりました。 障害程度区分見直しも行なわれています。



やまびこ

  • NPOことなびが今まで作成した700施設の案内を1枚のCDにまとめる依頼が有り、   新人さんも含め、手分けして読みました。


  • 自宅での作業ですが、今の時期、蝉の声が録音に入る事も有り、中央図書館の録音室も利用しています。





次回は、2009年9月18日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2009年7月17日(金)
場所:   福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 3名、 支援室 1名
  やまびこ 1名、 視覚障害者 4名
  家族 1名、 ガイドヘルパー 3名
  北桜会 1名、 点訳サークル六星会 3名
        計17名


中央図書館

  • 区民の会と協働で、毎月第3土曜日13時半から、館内バリアフリーツアーを行います。 第2金曜日までにご予約ください。参加者のご希望にあわせた説明を行います。


  • 情報伝達をどうしたらいいか・・・


  • 音声字幕つき映画会の為に、図書館所有のDVDで上映権付きのものをピックアップし、検討中です。


参加者
  • 伝達について
    • 北区ニュースに掲載される場合、内容を詳しく入れてください。

    • 会長にお知らせいただければ、北視協ニュースに掲載できます。

    • 支援室便りは、奇数月末までにお知らせいただければ掲載可能です

    • ガイドツアーで機器の取り扱いについて説明したとしても、 マニュアルを置いてくれないと、次に行った時すぐには使えないと思います。


  • 予約していた点字本を、汚れていたので返しましたと言われました。 読みたくて待っているので図書館側の判断で勝手に返さないで下さい。 不備は読み終わって返却する時に先方に伝えてください。


  • 検索が非常に分かりにくく不便です。芥川龍之介の鼻を検索してみましたが、 ひらがな入力の為「はな」ではなく、最初に「わな」の項が400件以上出てきて、希望図書が出てきません。


  • コンピュータ会社がたたき台を作成したとしても、 図書館のシステム担当者との連絡が上手くいっていないのではないでしょうか。


  • 書誌検索だけでなく北区のHPも分かりにくいです。


  • ないーぶネット新着情報を出してください。


  • ポケット21の校正をしっかりやって欲しいです。


  • 以前図書館からのお知らせテープに、利用者が意見を抜きこんで 目印の輪ゴムをかけて返却するということをやっていましたが、復活させてほしいです。


    図書館
  • マニュアルがあると思いますので、確認します。


  • 検索は、職員も以前より使いにくく感じています。 操作方法でお困りの時は、職員やレファレンスにお尋ねください。



支援室

  • 荒川区の社協からの依頼で、9月19日(土)にガイドヘルプ講習会を行います。 今年も是非いいガイヘル・悪いガイヘルの例を当事者にお話いただけたらと思います。 お手伝いいただける方は8月中にお知らせください。


  • 21年度居宅介護事業所調査報告書が出来上がり、希望者に差し上げています。 視覚障害関係事業所は3箇所で、ご希望があれば点訳します。





次回は、2009年8月21日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2009年6月19日(金)
場所:   福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 3名、 支援室 2名
  やまびこ 1名、 視覚障害者 1名
  ガイドヘルパー 1名、 北桜会 1名
  点訳サークル六星会 2名、   計11名


中央図書館

  • 文化センター図書館閉館後の荷物の移動を行っています。


  • 区民の会と協働で第3土曜日13時半から館内バリアフリーツアーを行います。今回は予約制です。


  • 同じく第3土曜日13時半から手話サポートデスクを行います。こちらは時間内ならいつでもOKです。


  • 点字毎日閲覧書架を点訳本と同じ場所に移動しました。


  • 点字公明が寄贈されました。公平性を保つ為、他政党の点字版も置くように各党に連絡をしています。 点字版がない党、有料の党などがあり、これらの問題解決が必要です。


  • 中央図書館閉架書庫の本をどれだけ整理できるか・・・


  • 北区の郷土資料などは音訳に関しての著作権の心配は有りません。


    参加者
  • 点字本を借りに行ったとき、利用者に目録を読んであげて欲しい。


  • 分室に点字本を返却した場合、コンピュータ登録されていない点字本の扱いを 窓口職員が知らないため、利用者は戸惑われます。


  • 音訳版に関しては図書館が著作権を取る努力をし、図書館の受け入れ基準を明確にしてください。


  • 整理で廃棄と決まった点字本・録音カセットを障害者作品展でリサイクルしてはいかがでしょう。


  • 北区郷土館シリーズのデイジー化を希望します。



支援室

  • 日本点字図書館とプレクストークPTR2講習会の打ち合わせをしています。 日点はデイジー図書を広めることを目的としていますので、デイジー図書を聴く会の形式で講習します。 日程は未定ですが10・11月頃になるのではと思います。


  • 支援室の移転が福祉センターの工事の関係で1月頃になりそうです。 移転後はパソコンやPTR2をお互いに教えあえる場を作りたいと思っています。


    参加者
  • プレスクトークで図書館の一般CDも聴けることをアピールしたり、 図書館の貸し出し機器を利用した講習会など、 中央図書館とのタイアップも検討してはいかがでしょう?


    その他
  • 日常生活用具と補装具の担当者が違う。何故まとめて話が伺えないのか不思議です。 担当者がみえるまで随分待たされました。


  • 先日障害福祉課からボラ会が出した提言の返事が届きました。戴いたお返事に対し、疑問が出されて  います。(再度意見をまとめてお送りすることになりました)



やまびこ

  • 今年度の助成金を30万円戴きました。PTR2を購入し、新人さんの活動に充てたいとおもいます。


  • 障害者福祉のしおり・私の便利帳・第2期障害者計画のデイジー版をそれぞれの部署に納めました。


  • 緊急バリアフリーマップが作成される話を伺いました。



北桜会

  • 学校からガイド指導の依頼が来ています。





次回は、2009年7月17日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

2009年5月15日(金)
場所:   福祉センター ボランティア室

参加者: 中央図書館 3名、 支援室 2名
  やまびこ 1名、 視覚障害者 3名
  ガイドヘルパー 3名、 点訳サークル六星会 2名
        計15名


中央図書館

  • 今日はこちらからのお知らせはございません。


    参加者
  • 音声ガイド付き映画を作製しているシティーライツの代表は、北区に住んでおられます。 地区ごとにチームを作って活動し、直接映画館と交渉して上映をしています。 私はメーリングに入っていますが、上映予定の映画のあらすじや、配役を 事前に流してくださいます。どうして北区にあるのに北区では 上映会が開催されないのか疑問に思い、ずっと開催してくださいと お願いしていました。


  • 副音声で状況説明があると、見えている時と同じように想像でき嬉しいです。


  • 聴覚障害の方も一緒に楽しめるように、字幕と副音声でお願いします。


  • 図書館で、図書利用カード確認の為次回保険証を持ってきてください、と言われました。 今までそんなことは無かったのですが?


  • 個人的に依頼した本やデージー図書を図書館に納めて戴きたい。北区の民話をお願いしましたが、 とてもいいものです。北区が発行していますから、著作権の問題も無いと思います。


  • 現在所蔵の点字本は古すぎるので、思い切って整理して下さい。読む本がなくなると目録を見て借りますが、 内容が古すぎて読む気がしません。


  • 障害者福祉センターの図書室は、書架に入り点字本を選ぶ事が出来ました。実際に手にとって 選びたいです。 


    中央図書館
  • 現在、副音声付映画会を開催する準備を進めています。上映権があるものをピックアップしている ところです。


  • 図書利用カードは年1回北区在住・在勤・在学かを確認する為、今年度から行っています。 区外にお住まいでインターネット予約される一部の方が、複数の区に予約され弊害が出ている為に 実施しました。今後インターネット予約は北区内の方に限ります。視覚障害の方は、電話申し込みの際 住所変更の有無を伺いますので、変更がないと言ってくだされば結構です。


  • 今オープン書架に並んでいる点字本を定期的に入れ替えて並べようと思います。


  • デージーはこれから所蔵します。視覚障害者対象ですから著作権の問題も有りません。



支援室

  • 『サンクステンプ』パソコンスクールのお知らせです。障害者雇用のために作られた会社で、 障害者向けのコースではインストラクターも障害を持っています。ピアカウンセリング的指導を1対1で行います。 (現在法律で障害者雇用を義務付けられていますが、違反金を払う会社がほとんどです。親会社が出資して作った特例子会社です)


  • 支援室に弱視の方が相談に見えました。視覚障害者のパソコン講習会ではカーソルを使わない指導をしています。 弱視の場合、パソコン内蔵の拡大機能でカーソルが見えるので、マウス操作の方がずっと楽に行えます。 支援室では障害にあわせてご相談に対応していますが、利用者が情報を知らないと結びつきません。


  • 今回2階の広い場所に移る事になりました。サロン的に誰もが仲間に教えあえる場、便利グッズを 展示する場も作りたいと思っています。


  • 月木土は職員がおりますので何でも相談下さい。


  • 昨年度のパソコン講習会は中止となり残念でしたが、U先生もやる気満々ですので、今年度も開催します。 情報提供手段をどうしたらいいのか?


    参加者
  • 障害者福祉センターに電話で「支援室をお願いします」と言うと、違う場所に回されます。今は、支援室の直通番号にかけています。


  • 福祉センターも職員移動が激しいので、支援室電話番号を大きく書いて渡された方がいいと思います。


  • タクシーで福祉センターと言っても分かってもらえません。福祉センター自体が知られていないと思います。


  • 支援室HPに相談室利用状況を載せていただけると空状況を見て申し込みやすくなるのではないでしょうか。


  • 役所の窓口では相談に行く人に対して、「他にもこういうサービスや施設があります」と次につなげる情報を出してくれません。



やまびこ

  • 障害福祉計画(21年度〜23年度版)のデージーとテープ10本ずつ障害福祉課に納めました。 現在障者福祉のしおりのデージーを作成中です。


  • 今便利帳に取り掛かっていますが、テープにすると12本にもなります。 これは広報課の担当ですが、どんな風に担当者にお話したらいいでしょうか


    参加者
  • 障害福祉計画のSPコード付きカード版を聞きました。冊子本体にSPコードが付いたものより聞きやすかったのですが、 カードにページがついていないので何度も同じところを聞いたりしました。やはりデージーの方が良いです。


  • 戴くには福祉課に行けばいいのですか?


  • デージーは必要なところに飛べますが、テープはそれが出来ません。 12本を項目ごとに作成し、利用者が必要とされるものを入手されるようにしたらいいのかもしれません。



北桜会

  • 舎人公園に行きました。舎人線は日暮里から乗った方が便利だと思いました。
    (やまびこ欠席の為、参加者等からの報告)



点訳サークル六星会

  • 区民の会ユニバーサル部会に参加しています。 先日の部会で、ボラ会で福祉課に出した提言内容と同じ苦情が出されました。 3月に提出したものですから、そろそろお返事があってもいいのではないかと思います。 再度伺ってみてはいかがでしょうか?


  • 今月も何かと忙しく過ぎてしまいました。明日総会を開催します。




次回は、2009年6月19日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2009年4月17日(金)
場所:   福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 事業係 2名、 中央図書館 図書係 4名
  支援室 2名、 やまびこ 1名
  北桜会 1名、 視覚障害者 2名
  ガイドヘルパー 2名、 点訳サークル六星会 2名
        計16名


中央図書館

新たに図書館図書係・事業係になられたと皆様の自己紹介からスタートしました。
  • 新任の窓口業務担当者に、マニュアル等を作り説明しています。


  • 当事者に御意見を伺い、聴覚障害者のための図書館利用案内を作成しました。 言い回しをやさしくするなどの工夫がしてあります。


  • 区民と共に歩む図書館委員会のガイドツアーは、4月以降もイベントと合わせて実施します。


    参加者
  • 利用案内に「聴覚障害者の為の」と書いてありますが、他の障害の方のもお作りになるのですか? 何種類も利用案内を作るより、漢字にルビをつける・文字を大きくするなどの工夫をして、 子どもからお年寄りまで利用出来る利用案内が良いとおもいます。


  • 利用案内にFAXが記載されているのは良いと思います。


  • 図書館のトイレは利用しにくいと福祉センターまでお出でになる車椅子利用者があります。 作られるにあたって何処まで情報をお聞きになられたか? 支援室でも様々な情報を持っていますから、 聞いて下さればいくらでもアドバイスが出来ます。小さな改善として手をつけられる所から改修していってほしいです。


  • マニュアルを渡されるのもいいですが、実地訓練をやっていただきたいです。


  • ガイドをしていますが、デージーが借りられることを御存知ない方がおられます。 カウンターで情報をお知らせするなどの対応をしていただきたい。


  • サポート室のパソコンですが、他の障害の方も利用されますので音声が切ってあります。 部屋をお借りした時に音声立ち上げまでやってください。


  • 図書館に行っても読むものがありません。点字本も自分の手にとって選びたいです。今有る本は 時代が古いものが多すぎます。


  • 図書館から送っていただくテープの余白に、職員の皆さんのコメントが入っており、とても親近感を覚えます。 是非これからもお願いします。


  • 障害者利用サービスをもっとPRしてほしいです。テープ版の北区ニュースにPRコメントを 入れたらいかがでしょう。



支援室

  • 今年新人が入りました。専任で居りますので、よろしくお願いいたします。


  • パソコン相談は今までどおり予約制で、土曜日午後ITコミュニケーションズのAさんが担当して下さいます。 そのほか職員が月・木曜日午後に初歩の相談をお受けします。


  • 昨年度のパソコン講習会は応募者が少なく中止になりましたが、今年度は広い部屋に移動しますので、 利用者同士がパソコンを動かしお互いに勉強できるようになれば良いとおもいます。


  • プレクストークPTRUの講習会を日点に講師をお願いし開催します。講師と打ち合わせ中ですが、 午前2時間を再生・午後2時間を録音にあてようと思います


    参加者
  • 支援室便りにITサポートセンターが出ていましたが?


  • 障害者施策推進協議会で支援協議会を立ち上げる報告がありましたがどうなったのですか?


  • 身体障害者が通えるデイサービスはありますか?


  • 講習会では是非休み時間を入れてください。


    • 支援室
    • 「東京都障害者ITサポートセンター」は今回名前が「東京都障害者IT地域支援センター」に変わったので、 記事に出しました。パソコン相談の他に便利な用具などの展示も行っています。


    • 自立支援協議会は実際に相談事業を行っている「きらきら」「支援室」王子・赤羽・滝野川の各障害 相談係の現場サイドでのケース会議(実名をあげない)です。


    • 就労相談は国リハが行っていますが、65歳前の身体障害者のデイサービスは有りません。



やまびこ

  • 21年度役員が決まり、代表が変わりました。



北桜会

  • 21年度年間行事を持ってきました。



点訳サークル六星会

  • 第2期北区障害福祉計画のSPコード付きカードを入手しました。 迅速にカード化していただき喜んだのですが、読んだり読まなかったり信頼性に欠けると思いました。




次回は、2009年5月15日(金)14時から 障害者福祉センター ボランティア室にて
司会:点訳サークル六星会

上に戻る

2009年3月13日(金)
場所:   福祉センター ボランティア室

参加者: 中央図書館 1名、 やまびこ 1名
  北桜会 1名、 視覚障害者 2名
  ガイドヘルパー 2名、 点訳サークル六星会 2名
        計9名


中央図書館

  • 先日北区立中央図書館長宛てに戴いた『障害係』設置のお願いの返事を持ってまいりました。


  • 旧女性センターに中央図書館分室がオープンします。対面音訳室もありますのでご利用下さい。


    参加者:
  • 要望書に対してもう少し具体的なお返事が欲しいと思います。


  • ユニバーサル図書館と銘打っているのですからもう少し考えていただきたいと 思いました。


  • 文書では御理解いただけない面も有ります。直接館長にお目にかかりお話が出来ればと思います。


  • 再度話し合いの機会が出来るか、お手紙を差し上げてはいかがでしょうか?


  • わたしの便利帳のSPコード付を送っていただきましたが、読み取るのに苦労しています。


やまびこ

  • 録音テープのデイジー化依頼がありました。



北桜会

  • 来年度の予定を決めました。



点訳サークル六星会

  • 図書館主催のないーぶネット製作基準講習会に参加しました。




次回は、2009年4月17日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2009年2月20日(金)
場所:   福祉センター 洋室

参加者: やまびこ 1名、 北桜会 1名
  視覚障害者 2名、 ガイドヘルパー 2名
  点訳サークル六星会 2名   計8名


今回は外部からの参加が無かったため、障害者施策推進協議会の報告を中心に話し合いました。

  • 第2期障害福祉計画の素案に対するパブリックコメントが 寄せられ、案が作成されました。 区議会に提出され、3月下旬に計画策定となります。 合同ボランティア会でも素案作成時に様々なお願いをいたしました。 すでにお話しましたが、数値目標を作成するためのものでしたから、 直接内容に反映はされませんでした。


  • 協議会でも多くの資料を戴きました。 一読しただけでは理解が難しく、福祉課長の説明が容易に 飲み込めない部分もありましたが、視覚障害関係だけ読み上げます。


    参加者:
  • 「適切なサービスに努めます。 バリアフリーの街づくりを進めます。職員の研修に努めます。 自分にあった事業所を選べるよう情報を出せるよう努めます。」など文言が多く、 本当に努めていただけるか心配です。 もう少し具体的な内容があったらわかりやすいと思い残念です。


  • 情報面のバリアフリーとして、新たに 『私の便利帳』にSPコードが作成と記載してあります。    以前カード方式での作成をお願いしました。 広報課に「出来上がったら実際に試したいので連絡をお願いしました」が、 連絡は来ませんでした。


  • 数値目標作成のため取り上げられなかったものでも、 すぐ出来るものもあると思います。当事者の 意見を含め、提言として提出したらいかがでしょうか?


皆さんの御意見をまとめ作成しますので是非よろしくお願いいたします




次回は、2009年3月13日(金)14時から 障害者福祉センター ボランティア室にて
司会:北桜会

上に戻る

2009年1月16日(金)
場所:   福祉センター ボランティア室

参加者: 中央図書館 2名、 やまびこ 2名
  北桜会 1名、 視覚障害者 2名
  ガイドヘルパー 2名、 点訳サークル六星会 2名
        計11名

中央図書館

  • 1月から「障害により外出の困難な方へのサービスとして、宅配サービス」を開始しました。 北区在住者で障害者手帳保有の方が対象ですが、都が発行している自立支援給付の手帳 所持者の場合はどうかなど、様々な質問が寄せられています。 私共もまだまだ知らない事が多いので、学んで行きたいと思います。


  • 新聞記事に音声ガイド付きの映画記事が掲載されていました。 事務局が北区ですし、図書館でも出来たらいいと思っています。


    • 参加者:
    • 点字本は大きいので自宅のポストに入りません。 不在だと本局まで取りに行かなければなりません。時間指定が出来ると助かります。

    • 図書館に行っても他に読むものが有りません。 アンバサダーの内田康夫さん、ドナルドキーンさんのデージー図書を作成していただき、 サポート室において下さると利用者が増えるとおもいます。 社協が開催する映画は福祉に関する映画ばかりです。 私たち視覚障害者は普通の映画がみたいのです。 音声ガイド付き映画会が図書館で開催されると嬉しいです。


      中央図書館:
    • 今回の宅配サービスは民間の宅配業者を通して行います。 視覚障害は今までどおり点字郵便の制度を利用して行いますので時間指定は出来ません。

    • デージー図書の選書基準は、まだ作られていないもの。 著作権の許諾が取れるものが優先されます。地域資料から取り掛かろうと思っています。

    • 点訳・対面音訳に関しては予算がついていますが、 デージー図書作成の為の予算が有りません。 これから実績を積み重ねてゆかねばならないと思っています。


やまびこ

  • 12月に館長に要望書を書くと決まりました。 文案を考えて来ましたので検討してください。


  • やまびこ主催の音訳講習会を開催しています。 10人ほどの方が会の活動に参加して下さいます。 講習では先生のお話を伺うだけで実際に声を出していませんので、 そちらの練習をしなければと思っています。


  • 今まで対面音訳は図書館に希望者が依頼するとやまびこに一任されていました。 今後は依頼が有ると図書館が音訳者に直接依頼することになりました。


    • 参加者:
    • 本来の制度はそう有るべきだと思います。 ですが、今まではやまびこが責任を持って音訳者に連絡し、 内部での講習も行い技術の研鑽を行っていましたが、 勉強の場のない音訳者のチェックは図書館が行うのでしょうか? 将来デージー図書作成にあたってはグループに所属されない方々の校正も問題になると思います。


点訳サークル六星会

  • 12月に障害者作品展が行われました。 名刺づくりに見えた方が触読の練習に毎週水曜日に参加されています。




次回は、2009年2月20日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:点訳サークル六星会

上に戻る

ボラカイ に戻る

直線上に配置

Copyright (c) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved