トップページへ戻る ボラカイ >  2008年



合同ボランティア情報交換会
2008年

文責:点訳サークル六星会(福祉センタークラス)



2008年12月19日(金)
場所:   福祉センター洋室

参加者: 中央図書館 1名、 支援室 1名
     やまびこ 1名、 北桜会 1名
     視覚障害者 1名、 ガイドヘルパー 1名
     点訳サークル六星会  2名    計8名

支援室

  • PTR2の講習会開催

    • 日時  2月26日(木)13〜16時

    • 場所  福祉センター1階 支援室きらきら

    • 講師  日本点字図書館職員

    • 対象  北区在住・在勤でプレクストーク PTR2をお持ちの初心者の方。人数6名

    • 内容  デージー図書を使って操作の仕方を習います

    • 申し込み期間  1月20日〜2月3日

  • パソコン講習会

    • 日時  2月28日(土)13時半〜15時半、3月7日(土)13時半〜16時半

    • 場所  28日 未定、 7日 福祉センター洋室

    • 講師  内田智也氏 (筑波大学附属視覚特別支援学校教諭)

    • 対象  北区在住・在勤の視覚障害者。2日間とも参加出来る方。 人数5名

    • 内容  28日は講義 7日は参加者のニーズを伺い実践編。 
      参加者はノートパソコンを御持参下さい

    • 申し込み期間  2月2日〜13日


  • 事業計画作成に向けて
    次年度の事業計画作成に向け利用者の皆さんの御意見御要望・ボランティア向けの御要望などを 来月までにお聞かせ下さい。


中央図書館

  • 障害者作品展では中央図書館のパネルを展示しました。また今回はカセットテープを希望者に無料配布し好評でした。


  • 先月もお知らせいたしましたが障害別のガイドツアーの時間が13時半からに変更になりました。


  • 障害により外出の困難な方へのサービスとして、宅配サービスを開始し、1月6日から登録の受付を 行います。
    • 対象  北区在住者で障害者手帳(肢体不自由1・2級 内部障害1〜3級)保有の方
    •   
    • サービス内容  資料の貸し出し(図書・雑誌は10点、CD・カセットは5点、DVDは1点)   事前に利用登録が必要です。図書館からの配送は民間業者による宅配サービスです。   
    •   

    参加者:
  • 1階返却口で点字本を返そうと思いましたら、カウンターまで持って行ってくださいと言われました。 一般書と何故区別しなければならないのか疑問に思います。


  • 点字本と言っただけで、何も聞かず担当者を探しに行ってしまいます。カウンターの誰もが対応 出来るようになって欲しいです。


  • 職員がカウンターに1人居て下さるだけで、現状がどうなっているか把握出来、対応が違って来るのではないでしょうか?


  • 車椅子用以外の場所に駐車する場合があります。係りの方に来て頂くまでに時間がかかり大変です。 臨機応変に対応していただけると有り難いと思います。


  • 新サービスも始まり嬉しい事です。今までの仕事に加えて、これらを全て障害者サービス担当者が なさるのでは大変だと思います。 順調に機能するように、人的な配慮が必要だと感じます。


  • ボラ会でも皆さんの意見をまとめて提出したいと思います。


点訳サークル六星会

福祉計画素案(案)に対し要望を福祉課に提出し、以下の回答を戴きました。
  • 今回は要望を文言として盛り込むことは出来ませんでしたが、関係諸課に連絡しました。

  • 無回答率の多さも同様に感じていますので今後検討を重ねて参ります。

  • 今後もお気づきの点が有りましたら御意見をお寄せ下さい




次回は、2009年1月16日(金)14時から 障害者福祉センター ボランティア室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2008年11月21日(金)
場所:   福祉センター洋室

参加者: 中央図書館 1名、 支援室 1名
     やまびこ 1名、 北桜会 1名
     視覚障害者 2名、 ガイドヘルパー 2名
     点訳サークル六星会  2名    計10名

支援室

  • PTR2の講習会開催

    • 日時 2月26日(木)時間は未定

    • 場所 第2ホールを予定

    • 講師 日本点字図書館職員

    • 対象 機械を買ったけれど、いまひとつ使えない初心者が対象。 人数6、7名
    新型携帯のお話も有りますがPTR2を主に行います。

      参加者:
    • 怖がらずに操作ボタンを押していたら上達します。困った時に元に戻す方法を教えて下さい。

    • デージー図書のページや見出しに飛ぶ方法を実際に行いながら進めてください。

    • 説明の途中で勝手に機械を操作する方がいますが、参加者全員が同じテンポで操作できるよう配慮して下さい。

      支援室:
    • 申し込まれた方に、個別に連絡しレベルを把握して行います。

    • 講習会では最後の30分を質問時間にあてます。

    • 職員がマニュアルを見ながら勉強しましたので、全くの初心者ならいつでも教える事は可能です。

  • パソコン講習会: 日時は未定ですが3月を予定。 筑波大学附属の内田先生に講師をお願いしました。

  • パソコン相談ではソフト面の対応はいたしますが、ハード面はしていません。


中央図書館

  • 12月20日のガイドツアーの時間が13時半からに変更になりました。午前中に視覚・聴覚障害者向けの 映画も考えています。


    • 参加者:
    • シティライツは北区に住んでいる方が中心になってやっています。 ボランティアを育て、豊島・練馬などあちこちで上映会を開いています。 肝心の北区では1度も開催されていません。勿体無いと 思います。

    • ガイドツアーだけなら興味がありません。サポート室の機器の使い方などの説明をしてもらえると良いと思います


    • 利用者を増やすためには窓口の対応がスムーズに進むよう教育を徹底してください。


      • 実際にあった対応
      • 図書館に転居日までお知らせして転送をお願いしたのに、職員間に徹底していなかったため 旧住所に送られました。

      • 公開書架に並んでいる点字目録を読んで窓口に依頼に行ったにも関わらず、北区には 有りませんと言われました。墨字の目録で本が有ることを確認していただきました。

      • 係員が本の題名も聞かずカウンター奥に引っ込んでしまい、3度目に職員が対応してやっと 本が借りられました。

      • 点字本を返すだけなのに窓口でお待ち下さいと言われました。


        お願い
      • サポート室のパソコンで、ないーぶネットが見られるようにしてください。(マウス操作なら グーグルから入ることは出来ますが、キーで操作される視覚障害者はたどりつけません)

      • 図書館検索は出来ますが、点字図書目録は入っていません。ぜひ載せてください。

      • 点字本の受け入れ基準を教えてください。他館で既に作製されたものは借りる事が出来ます。

      • 受け入れた点字本があるならば、目録に追加記載をお願いいたします。

      • 今月の行事予定を玄関などに掲示して下さい。来館時予定を見て行事に参加する事も可能に なります。

      • 日野図書館で視覚障害者が職員に採用されました。当事者が居ることで知識が広まって 行きます。北区でも是非お願いします。


北桜会

  • 11月のレクレーションは浜離宮に行きました。 12月は中華料理です。



やまびこ

  • やまびこ独自の音訳講習会を開催中です。1人の脱落者もなく熱心に進んでいます。


  • 地域振興課の講師派遣制度を利用して行っていますので、担当者が見学に訪れ地名・人名の調べ方について 一緒に勉強しました。



点訳サークル六星会

  • 障害者施策推進協議会の報告  第2期障害者福祉計画素案(案)が示されました。合同ボランティア会で出された意見をまとめ、福祉課に提出します。


  • 盲学校から依頼された本2冊が完成し点字本・原本・データをお送りしました。    1冊は既にないーぶにアップされていましたから、会のHPに完成情報を載せました。HPをご覧になった 地方の視覚特別支援学校小学部の先生から「読みたい生徒が居るのでデータを送って下さい」のメールを いただき、早速お送りしました。嬉しい反応でした。


  • 2月7日ボランティアフォーラムが北とぴあで開催され、会も参加します。今回は武田鉄也氏とプラザ横尾理事長の対談形式の講演もあります


  • 中央図書館2階入り口にプラザ通信・ポケット・北福祉などの広報紙と点字版が見やすい場所に展示されています。 図書館の御配慮に感謝します。





次回は、2008年12月19日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

2008年10月17日(金)
場所:   中央図書館ホール

参加者: 中央図書館 4名、 やまびこ 1名
     北桜会 1名、 視覚障害者 1名
     ガイドヘルパー 1名、 点訳サークル六星会 2名
           計10名

中央図書館

  • 現在音訳中級講座参加の希望者に デジタル録音機を使っての録音方法を学んでいただきます。 講師は音訳のTさんにお願いしました。


  • 録音後編集してCDにするまでのパソコン作業は、 デイジー東京に講師をお願いしました。 パソコンの台数の関係上、人数は7人になります。


  • 中級講座参加の希望者に図書館案内を行います 


  • サポート室の利用は増えています。 パソコンの持込も可能ですがインターネット接続の場合、 設定の変更が必要ですので職員がお手伝いします。


  • 研究個室の利用があいまいで・・・

    参加者:
  • 録音室の利用等はどうなっていますか?

  • ポケットの発行が遅いのですが、決まって1日発行にしていただきたい。

  • 以前は新刊案内を点訳していましたが、近頃はお知らせが有りません。 毎月2回メールマガジンが届き、新着図書の案内が出ています。 これを点訳したら如何でしょうか?

      中央図書館:
    • 図書館業務に関わるものの録音は利用可能ですが、 直接依頼されるプライベートサービスは難しいと思います。

    • ポケットは管理係が担当しています。

    • メルマガはデータもあり良いのではないかと思います




次回は、2008年11月21日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:点訳サークル六星会

上に戻る

2008年9月19日(金)
場所:   障害者福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 2名、    
     支援室 1名、 やまびこ 1名
     北桜会 1名、 視覚障害者 2名
     ガイドヘルパー 2名、 点訳サークル六星会 2名
           計11名

中央図書館

  • 音訳の中級講座開催中
    • 9月11日〜10月23日の計6回、2回が終了。 現在活動中の方対象で聴講10名可能です。
    •  
    • 場所 北とぴあ 9階会議室
    •  
    • 講座終了後、区が著作権を持っている短い物からデージー編集の研修も進めて行きたい。

  • 点字広報物を展示するラックが入りました。 自由に持ち帰られると困りますので何か案が有りましたらお願いします。

    • 参加者:
    • 現在、図書館などのお知らせが同様のラックに入って展示してあり、 そこには大きな字で自由にお持ち帰り下さいと書いてあります。 点字版にも大きな字で、御希望の方はカウンターにお申し出下さいと 記載していただければいいのではないでしょうか。

  • 読書週間にあわせて、10月の北区ニュースに視覚障害の皆さんが 利用出来る機材・サービスについて載せます。皆さんも是非PRをしてください。


  • 区民の会では引き続きガイドツアーを行います。 障害者団体にも手紙をお送りして情報をお知らせします。  10月は25日(土)9:30〜を予定しています。


  • 点字ブロックが途中で途切れている件は、つなげるよう手配をしています。

    参加者:
  • 直接窓口に行って本を借りたのですが何時も待たされます。 本の整理が出来ていないように感じられます。

  • デージー編集を短い物からのお話が有りましたが、 長いものでも分冊して行えば可能だと思います。

  • 図書館には都や他の関係機関から点字出版物が送られて来ているように思います。 どんな本が送られて来るのか、貸し出しは可能かを教えて下さい。

  • サポート室の機器の利用説明をやっていただきたい。 説明会として特別な日を設けるのではなく、 毎週○曜日というように決めて図書館へ行ったら教えてもらえるようになると良いと思います。

  • 点字本は閉架書庫に収めてあるので自分で本を選ぶことができず不便です。 目録を作成してはいかがでしょう?

    • 中央図書館:
    • 旧女性センターに中央図書館分館が出来ます。 その準備でICタグをつける作業を進めている関係上、 整理に手間取っているのは確かだと思います。
      関係機関からの点字出版物についてはお知らせします。

支援室

  • 第6回本間一男記念日本点字図書館チャリティーコンサート 「和波孝禧 バイオリンリサイタル」が開催されます。

    • 日時 10月11日(土)13時半会場 14時開演

    • 場所 東京文化会館小ホール

    • 費用 4千円


  • パラリンピックに室長の谷内が取材に行きました。 また国際福祉機器展には弱視教員希望者が行きますので、 10月10日頃発行の支援室便りを楽しみにして下さい。


  • プレクストークPTRUの講習会を3月までに1回開催準備中。


  • 昨年行ったパソコン講習会を2・3月頃に行いたい。 内容希望などは常時受け付けておりますので、支援室までお知らせ下さい。


  • 「年賀状を作ろう」は11月に開催します。定員6名、ITコミュニケーションが講師を担当します。 ワードだけでなく様々なソフトに対応して個別に指導します。


  • パソコン相談は予約制で毎週土曜日13時から50分単位で行っています。





次回は、2008年10月17日(金)14時から 中央図書館3階ホールにて
司会:やまびこ

上に戻る

2008年8月15日(金)
場所:   障害者福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 3名、    
     支援室 1名、 やまびこ 2名
     北桜会 1名、 視覚障害者 2名
     ガイドヘルパー 2名、 点訳サークル六星会 2名
           計13名

中央図書館

  • 音訳の養成講座開催
    • 開催日 9月11日〜10月23日 計6回
    •  
    • 場所 北とぴあ 9階会議室
    •  
    • 対象者 昨年度の受講者 20名
    • 内容 ステップアップ講座とデージー研修など

  • 音訳室 サポート室、公開図書コーナー置いてある点字本の利用を徐々に広めて行きたい。

  • 視聴覚障害者・ボランティアの防災訓練を館内ツアーに組み込み、職員がルール作りをしなければと考えています。

    参加者:
  • 館内の案内も大事ですが、十条駅からのアクセスが不便です。 点字ブロックがちゃんと付いているかなど、実際に歩いて確認する必要があると思います。

  • 音訳講座の件ですが、前回の修了者で実際に活動に参加されている方は 少ないと伺っています。活動されていない方を対象に行うのは勿体無いと思います。

  • やまびこは前回の講習会のお手伝いなど様々な面で協力していますが、 講習会の情報は全く知りませんでした。  会員の中には相談して欲しかったとの意見も有ります。
    会では区の助成を受けて音訳講習会を9月から開催します。受講後活動に  参加くださる事が条件になっています。

  • 福祉センター図書室の時、点字毎日の1年前のものを戴いていました。 これはどうなっていますか?また点字毎日を貸し出していただけないでしょうか?

  • 図書の作者別の一覧をお願いしていたのですが、どうなっていますか?

  • 図書館はびぶりおネットに加入できないのでしょうか?


    • 中央図書館:
    • アクセスの検討は早速やって行きたいと思います。

    • 音訳講座は昨年度と今年度をセットで考えていました。 受講後の活動参加をお願いしてゆきます。

    • センター図書室の場合1年して破棄するのは勿体無いと思い、 差し上げていました。体制が違いますので、相談しております。 点字毎日の貸し出しについても早速やって行きます。

    • 作者別一覧もないーぶ等で作製出来ますのでお待ち下さい。

    • びぶりおネットは、日本点字図書館と日本ライトハウスが 共同で開始したものです。視覚障害者が対象ですので、公共図書館が加入する  事は出来ません。


支援室

  • 居宅介護事業所調査報告書が出来上がりました。希望者に無料で差し上げています。

  • 職員対象でプレクストークの講習会を開催しました。職員だけでなく、 ボランティアの皆さんにも参加していただけたらと  思います。

  • 支援室便りにも出ていますが、手のひらサイズのデージープレーヤーが発売されました。既にプレクストークを購入されている  場合は、生活実需品の耐用期間で認められないと思います。

    参加者:
  • 居宅介護事業所を読ませていただきました。 50音順の記載より、区内優先でお願いいたします。

  • プレクストークの講習会には是非参加させていただきたいのですが、 機械は足りますか?

  • どんなものが生活必需品として認められているかの情報が欲しいです。




次回は、2008年9月19日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

2008年7月18日(金)
場所:   障害者福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 1名、 福祉課 2名 
     支援室 1名、 やまびこ 2名
     北桜会 1名、 視覚障害者 3名
     ガイドヘルパー 3名、 点訳サークル六星会 2名
           計15名


第2期北区障害者福祉計画策定に向けた要望・意見

先日参加者から出された意見をまとめ、要望書として提出いたしました
  • 意向調査について

    • 質問内容は本人が理解できるよう、例えば漢字を少なくするなど障害にあわせた配慮をしていただきたい。

    • 視覚障害者のためには点字版や音声テープ・拡大墨字版を作成し、調査対象者の障害の程度にあわせた対応をお願いしたい。

    • 視覚障害者に郵送配布の場合は点字の発送元シールをつけてほしい。

    • 無作為に抽出された調査対象者が、障害の種類によってどのような割合で抽出されたか開示していただきたい。 さらに、対象者数と回答者数(割合)を開示し、障害の種類別人数の割合との整合性を示していただきたい。


  • 施策部会について

    • 施策部会を傍聴させていただきたい。もし傍聴が可能なら部会の日時や場所、申し込み方法などを教えてほしい。

    • 部会ではメンバーの積極的な意見交換を期待するとともに、内容の開示をお願いしたい。


  • その他

    • 視覚障害は全盲・弱視・視野狭窄などその症状によって見え方が様々であり、 先天性であるか中途失明かでも、そのおかれた状況に大きな違いが生じることを理解いただき、 計画策定に向けては意向調査の結果のみで判断することなく、広く様々な意見を取り上げてほしい。


福祉課

  • 第2期障害福祉計画策定に向けた要望・意見を戴きましたのでお答えいたします。(書類にて配布)


  • 音訳テープを作製しました。

  • 発送元シールを作製しました。

  • 視覚障害の方には拡大墨字でお送りいたします

  • 推進協議会の傍聴は可能ですが、部会につきましては規定が有りませんので検討させていただきます。

  • 文書が分かりにくいとの御意見もございますが、王子、滝野川等の障害相談窓口で記入等の御質問、お手伝いが出来るよう 部署に徹底いたします。


    当事者:
  • 日常生活などの補装具ですが1度利用したものは再度利用出来ないのですか?

    • 福祉課:
    • 商品の耐用年数が決められていますので購入される前に窓口で御確認下さい。修理が必要な場合は補助制度が有りますので こちらも事前にお問い合わせ下さい。

    当事者:
  • 移動支援の時間が足りないが何とかなりませんか?以前のガイド券のように繰越が出来ると便利なのですが・・・

    • 福祉課:
    • 北区では現在63時間になっています。他区と比較しても少ない時間ではないと思います。負担額は区市町村で決めるように なっています。本人が非課税の場合上限額が決められています。7月に緊急措置として負担の軽減を行いました。変更の 有った皆様には文書をお送りいたしました。


中央図書館

  • オープニングには両日で15000人もの来館者がありました。

  • 土日には閲覧席が満席になります。机が少ないので3階の会議室等の開放も必要かと考えています。

  • 駐輪場も不足かと感じています。

  • 10年後には50万冊の蔵書を目指しています。

    当事者:
  • 視覚障害者が利用しようと思ってもデージー図書も少ないし、利用するものがないのです。  個人的には北区史などがあればと思います。

支援室

  • 居宅介護事業所調査報告書が出来上がりました。希望者に無料で差し上げています。

  • 支援費等の単価が低くなった影響で事業所数が71箇所と少なくなっています

  • 毎週土曜日にパソコン相談を行っています。1回50分単位です。

  • 12月に年賀状作製を行います。また内田先生を講師にお招きしてのパソコン講座も考えております。

    当事者:
  • 調査報告書の視覚障害を扱っている事業所の点訳版が欲しいです。




次回は、2008年8月15日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:点訳サークル六星会

上に戻る

2008年6月20日(金)
場所:   障害者福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 2名、 福祉センター 1名 
     やまびこ 3名、 北桜会 1名
     視覚障害者 2名、 ガイドヘルパー 2名
     点訳サークル六星会 2名   計13名


福祉センター庶務相談係

  • はっきりしたことは分からないが韓国で視覚障害者のための施設を建設するにあたり、視覚障害者のための福祉センターを訪問し、 建築設計と施設を見学したい旨の視察依頼が届きました。ボランティアの関わりも含めての見学と書いてあるので 社協ガイヘル担当者・営繕課、合同ボランティア会の方々に御協力をお願いします。
    24日別館2階会議室で行います。


中央図書館

  • 6月28日 ガイドツアーを行います。


  • 対面音訳室の目隠し用ブラインドが付けられましたが、 長さなど調整が必要かもしれません。


    参加者:
  • 点字本は何処に返したらいいのでしょうか?

    • 図書館:
    • 郵便局に転送願いをして有りますから、今までどおりで大丈夫です。
    障害者施策推進協議会参加者からの報告
  • 7月から、障害者自立支援法の抜本的見直しに向けた緊急措置が講じられます。

  • 今年度は第1期北区障害福祉計画(H18〜20年度)の実績を踏まえ、第2期計画(H21〜23年度)策定のための見直し年となります。
    そのため7月下旬〜8月末頃に意向調査が行われます。


    • 参加者:
    • 前回同様な調査を行ったときは音訳テープの作製・発送元点字シールをつけたように記憶していますが、今回はどうなのでしょうか?

    • 全ての障害者全員の中から無作為に選ばれた方に調査用紙を送られて、果たしてきちんとした意見が反映されるのか心配です。

    • 平均してちゃんとしたデータが得られるのならばその結果も公表していただきたい。

    • 今からでも要望が間に合うなら、早急に皆さんの御意見を電話でお知らせ下さい。


合同ボランティア会では調査実施並びに障害福祉計画策定に向けて、要望・意見をまとめ北区障害福祉課へ提出します。




次回は、2008年7月18日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:点訳サークル六星会

上に戻る

2008年5月16日(金)
場所:   障害者福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 2名、 支援室 1名 
     やまびこ 2名、 北桜会 1名
     視覚障害者 1名、 点訳サークル六星会 2名
           計9名

中央図書館

  • 区内全図書館が6月2日〜13日まで特別休館になります。


    新中央図書館に関しては
  • 新中央図書館は6月28日はオープンニングの行事が中心となってしまいます。 実質貸し出しなどの業務は7月1日になると思います。 詳しくは6月1日の北区ニュースに掲載されます。

  • 対面音訳室の目隠し用ブラインドが付けられました。

  • 区民図書館委員会ユニバーサル部の部長さんが、部会では「利用案内」などをやって行きたいと話しておられました。

  • 障害者サービスを登録されている104名の方全てに、 担当者4人が直接お電話し、利用の確認を兼ねて制度等の説明を行ってゆきます。

    参加者:
  • 利用料がかかると思われている方が居られますので、 対面朗読など様々な制度が無料で利用出来る事も付け加えてください。


    • 図書館:
    • 次回ボラ会時に新中央図書館を御案内出来るとおもいます。 はっきりと決まりましたらお知らせいたします。

    先日営繕課担当者が参加され、お話のあった点字サインの件に関して
  • 番区の境をつけず、誘導ブロックの印をつけ、行動曲線が分かるように改善されました。 

  • トイレの流し方は多目的トイレ以外は、自動ではなくや今までと同様の流し方でした。

  • トイレ内の非常ボタンは数が増設されました。



支援室

  • ヨガ講座を前期(6月・7月)後期(9月・10月)にわけてそれぞれ5回ずつ開催します。5月24日までに申し込んでください。


  • レクストークやパソコン講座などニーズに沿った講座を開催して行きたいと考えています。


    • 参加者:
    • 前回参加して感じたのですが、個別対応が難しいと思いました。募集される時に講座内容を詳しく発表してください。


      • 支援室:
      • パソコン講座は初心者は障害者福祉センターの事業係が平日、日中に開催しています。
        支援室ではある程度出来る方を対象に土日や夜間に開催しています。実際には出来る方々でもバラツキがあります。 パソコン相談日を設けていますので、一人50分単位ですが、分からない箇所などの相談をお受けしています。


      • プレクストークについては職員も勉強して、利用者の皆さんにお教え出来るよう頑張っています。



やまびこ

  • プレクストークUの勉強会を開催します。対面朗読などを利用してお教えする事も出来ます。



北桜会

  • 交流会で古河庭園に行ってきました。


  • 定例会などでボラ会で得た情報を流して行きたいと思います。


  • 新代表が決まりました。ボラ会のチラシに掲載してくださって結構です。





次回は、2008年6月20日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

2008年4月18日(金)
場所:   障害者福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 2名、 営繕課 1名 
     やまびこ 1名、 北桜会 2名
     視覚障害者 3名、 ガイドヘルパー 2名
     点訳サークル六星会 3名   計14名

営繕課

  • 新中央図書館の点字サインについて皆様の御意見をお伺いしたい。
    また男子トイレは「だ」 女子トイレは「じょ」 多目的トイレは「た」と北区独特な表示をしていますが いかがでしょうか?


    • 参加者:
    • 北区独特な表記も慣れてしまえばそういうものだと思いますから、構いませんが3文字ですから何とかなるのでは?


    • 1 2階の案内図に誘導ブロックの位置が書いてあると、自分の行き先がはっきりと確認できると思います。


    • トイレ案内の墨字は、トイレ案内図と現在地しか記載されていません。高齢者も利用されますし、今は水の流し方も  まちまちですから、記載していただきたい。


    • 非常ベルと水洗ボタンの押し間違えが多々あります。非常ベルに蓋をするなどの工夫がしてあるところもあります。


    • 自動ドアだと間違って男子に入ってしまう恐れはないのでしょうか?


    • 入ると音声で知らせる方法が便利だと思います。


      • 営繕課:
      • 文字数は2文字でぎりぎりなのです。


      • 今は1番区、2番区などの境が触って分かるようにしています。誘導ブロックの印をつけると紛らわしくなってしまいますが  番区の境をつけないようにすれば何とか出来そうです。


      • 流し方や非常ボタンについては検討してみます。


      • 音声は図書館と言う環境では難しい。



中央図書館

  • 新中央図書館は6月28日12時にオープンします。障害者サービスを登録されている104名の方全てに直接お電話し、  利用の確認を兼ねて制度等の説明を行ってゆきます。


    参加者:
  • 電話で依頼する時、以前は担当者が出るまで待たされたりしました。今は利用の内容を聞いて下さり対応がよくなりました。  先日久しぶりに点字本を図書館窓口に返却に伺いましたところ、「何?これ」と言うような態度をされました。


  • 対面朗読の時にプレクストークなどの説明をしていただくとありがたい。

  • テルミーや音声読書機など様々なものを購入しても使い方が分からないと困ります。機材の説明を点字などでお願いします。


  • 事前に図書館の見学に参加した際、対面朗読室が4面ガラス張りでしたがブラインド等はちゃんとつきますか?


    • 図書館:
    • 対応に関しては業者(TRC)に連絡します。


    • 対面朗読時説明をして戴くと図書館も助かります。


    • 機材の説明は必要だと思います。今現在取り付けまで行っておらず山積み状態ですので・・・


    • ブラインドはつけますが全体を隠すのは安全上も問題があり、足の部分は見えます。


    • コミュニティバスは図書館に少し乗り入れるようになります。福祉センターからの誘導ブロックはまだついていませんが  必ず付くようになります。



北桜会

  • 今まで北桜会が参加していた「障害者施策推進協議会委員」の推薦状が来ました。 ボラ会の中から点訳サークルのTさんを推薦させていただきます。


  • 代表がIさんに決まりました。このボラ会にはOさんが引き続き出席してくださいます。


    • 参加者:
    • 福祉センターに掲載しているチラシに北桜会の連絡先が載っていますが新しい代表のお名前と連絡先を載せていいか 伺ってください。





次回は、2008年5月16日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:点訳サークル六星会

上に戻る

2008年3月21日(金)
場所:   障害者福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 1名、 支援室 1名 
     健康福祉課 2名、 やまびこ 2名
     北桜会 1名、 視覚障害者 4名
     ガイドヘルパー 2名、 点訳サークル六星会 3名
           計16名

健康福祉課

    「福祉のしおり」のSPコードの件
    参加者:
  • SPコードの付いたしおりを窓口で頂いてきました。
    長い間SPコードをつけてくださいとお願いしていましたから、 大変にありがたいことだと思います。
    実際に「テルミー」で読んでみましたが、資料の分量が多く重い。
    そして目次を聞き、読みたいページに飛びたいと思っても、 墨字にページが(点字で)付いていないので簡単には飛べない。
    相談係の住所や電話などは同じことの繰り返しで、 トップに持ってくるなどの工夫をしていただかないと、 聞きにくく本当に大変でした。


  • SPコードを読ませるために紙を差し込むだけで大変でした。
    原因は紙が薄い、そして差し込むものが大きくボリュームが 有りすぎる事だと思いました。
    墨字は必要ないと考え、厚紙にSPコードをつけて カード状にして読ませてみましたら スムーズに出来るのではないかと思いました。


  • SPコードをつけたものがある事を知りませんでした。
    発行する度に北区ニュースで知らせるなど、周知徹底をお願いします。


    • 福祉課:
    • カード化は検討します。
      冊子の性質上どうしても分量は多くなってしまいます。
      数は少ないが点字版も用意してあります。
      北区のHPにも載っています。
    その他:
  • 初めて窓口に行ったとき、説明に時間を取っていただいていますか?


  • 手帳を取得したばかりのときは、本人も家族も どうしていいか分かりません。
    実際にサービスを利用するまでには時間がかかります。
    長い目で広く情報を与え続ける必要があると思います。


  • HPもひとつの情報。社会資源を説明して欲しい。


  • 私は8年間家に閉じこもっていました。
    役所の窓口では当事者団体・社協やピアネットなどを紹介し、 輪の中に入れる道をつないで欲しい。


  • 窓口担当者に質問するたびに上司に聞きに行く。
    窓口には内容が分かる人を配置して欲しい。


  • 手続きのために窓口に来てくださいと言われても、 簡単に出向くことができず困ります。
    • 福祉課:    
    • 電話を下されば説明に伺います


中央図書館

  • 6月2日〜13日まで全館休館となりますので、よろしくお願いいたします。


  • 登録されている104名の方に電話を差し上げ、 お知らせを兼ねて、利用の確認をします。


  • 先月郵便局で「民営化後は受け付けられません。 本局かポストに投函するように」の話題が出ました。
    確認しましたが通達は出していないとの返事でした。


    参加者:
  • 3月8日の新聞に「千代田区で著作権の生きている新しい本を、 出版社などの話し合いによってパソコン上で公開する」という記事が 載っていましたが、それに関して何か情報がありますか?
    • 図書館:
    • 千代田区は、古書店と民間との連携が出来ているように聞いていますが・・・



支援室

  • 視覚障害者パソコン講座を3月8日に行いました。
    講師は、筑波大学附属視覚特別支援学校で数学担当の内田智也先生にお願いしましたが、 準備してきたもの全てを教える事が出来なかった。
    やはり1対1の指導が必要かなと話していました。


  • プレクストークの講習会を行います。
    講師は言葉の道案内の古矢さん・やまびこにお手伝いいただきます。


  • 大学の講師をやる事になりました。毎週木曜日には支援室に居ります。



やまびこ

  • やまびこに2名入会されました。



北桜会

  • 代表が帰郷することになりました。
    次の代表もまだ決まっておりません。
    今後ボラ会の参加は難しいのではないかと思います。





次回は、2008年4月18日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

2008年2月15日(金)
場所:   障害者福祉センター 洋室

参加者: 中央図書館 2名、 支援室 1名 
     やまびこ 2名、 北桜会 1名
     視覚障害者 3名、 ガイドヘルパー 2名
     点訳サークル六星会 3名    
           計14名

中央図書館

  • 視覚障害の利用者を対象に、2月3日  新中央図書館見学会を予定していましたが、当日雪が降ってしまいましたので、 11日に変更しました。


  • 音訳室が総ガラス張り状態でしたが、スクリーン式のカーテンをつける事になりました。


  • 今回新たに購入した点字本送付袋を持ってきました。 B5の大きさのものがほとんどですが、A4も少し購入します。 現在障害者福祉センターで使用している袋も、紐の部分を直して使います。


  • 新中央図書館のサポート室には、XPトーカー・HPリーダーの入ったパソコン、 テルミー、音声読書機、デージーPTR2が入ります。 サポート室の近くには拡大読書機などもあります。


  • 3階のボランティア活動室は、大きな部屋を間仕切りをして使用するようになります。


  • 点字プリンターは、防音の関係で録音室に設置します。


  • 障害者福祉センター図書室は3月30日で閉館ですが、 本の返却期間を考慮しますと貸し出しは16日頃までとなります。


  • 中央図書館は5月まではリクエストをお受けいたしますが、6月は中止となります。


    参加者:
  • ある利用者が、借りていたデージー図書を郵便局に返しに行ったところ、 「民営化後は受け付けられません。本局かポストに投函するように」と言われました。 ヘレンケラー協会が郵便局本部に問い合わせた結果、今までどおりの回答が 有りました。局によっては同じような事が起きるかもしれませんので、御報告しました。

  • 音訳テープで発受施設の登録をしていても、 全ての局で登録者がチェック出来ない。 本局かポストに投函するようにと同様な事が言われました。



支援室

  • 視覚障害者パソコン講座
    今回はレベルアップ講座で音声ソフトを活用して、インターネットをより楽しむ方法を学びます。
     講師 筑波大学附属視覚特別支援学校で数学担当の内田智也先生
     日時 3月8日(土) 13時半〜16時
     場所 障害者福祉センター2階 洋室
     定員 5名
     費用 無料
     申し込み締め切り 2月29日までに支援室(3905−7226)まで


  • プレクストーク講習会
     講師 NPO法人言葉の道案内・やまびこ
     日時 3月24日(月) 13時半〜16時
     定員 5名 参加はサポートの方も御一緒にどうぞ
     費用 無料



やまびこ

  • 音訳講習会も終了し、 優秀な方が多かったのですが、やまびこに入会希望者が現在0の状態です。



北桜会

  • 2月4日に障害者計画の進捗報告会に参加して来ました。 その中で18年度の実績として、 「福祉のしおり」に音声読み取りマークをつけたと記載されていました。


  • 新たに地域自立支援協議会を設立したらどうかとの発案もありました。 新たに作るより内容を整理した方が良いと発言された方があり、私も同感でした。


    • 参加者:
    • 音声読み取りマークをつけた「福祉のしおり」は何処にあるのでしょう?  そんな情報は知りませんでした

    • 利用者が知らないのは変ですよね?作成したとの情報を流されたのでしょうか?



六星会

  • 障害者福祉センター趣味の講座「コーラス講座」の発表会のお知らせです。 事業係の担当者が、次回歌う歌詞の点訳をされ、 当日歌えるように準備して下さっていますから、次回は是非皆さんも御参加下さい。


  • 学校の点字体験依頼が多く大忙しの日々を過ごしました。




次回は、2008年3月21日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:北桜会

上に戻る

2008年1月18日(金)
場所:   障害者福祉センター ボランティア室

参加者: 中央図書館 2名、 やまびこ 2名 
     視覚障害者 2名、 北桜会 1名
     点訳サークル六星会 3名、 ガイドヘルパー 1名
           計11名

中央図書館

  • 視覚障害の利用者を対象に2月3日午前、 聴覚障害を午後、新中央図書館見学会を行います。 まだ配線工事等をやっていますので、注意して御参加下さい。


  • 今後の休館閉館などのサービススケジュールは、 ポケット21の別刷りチラシにも記載してあります。


  • 障害者福祉センター図書室で購入していた点字毎日は3月までで購入をストップし、 新中央図書館開館後7月より再開します。 利用者の皆様に御迷惑をお掛けいたしますが、よろしくお願いいたします。


  • 中央図書館の対面朗読は3月30日より中止しますが、 他館では従来どおり行っていますので、よろしくお願いいたします。


    • 参加者:
    • 点字本送付用袋にもいろんなものが有ります。カタログを参考にお願いします。


    • 対面朗読の体験をお手伝いさせていただきましたが、初めての方にはプロにはない良さが有ります。 聞き手が心地よく聞けたらいいと思います。


    • ある県からお借りした点字本が句読点もなく、 すべて1マスあけになっていました。 凝縮されて冊数は少ないのですが読むのにくたびれて、 2度と借りたくないと思うほど大変でした。 マスアケの大切さを実感しました。



やまびこ

  • 大和証券福祉財団から助成金を12団体(音訳4グループ)がいただき、 会ではデジタル録音機(DR−1)を3台購入しました。 定価より安く購入でき、残金で他のものをと思い、財団に伺いました。 財団から「次回の助成金に繰り込みますから返金下さい。 必要な物があったら何度でも応募下さい」のお返事を戴きました。



北桜会

  • 2月4日に恒例のさくら体操をふれあい館別館で行います。 いつもは北区の指導員に来ていただいていましたが、 今回はベテランの会員が指導します。


  • 2月4日、北区障害者計画の進捗状況の報告会が行われますので、参加してきます。



六星会

  • 新年早々、各方面からの依頼があり大忙しの日々を過ごしています。


  • 会報12月号にも掲載していますが、「あまね」で 毎週火・木曜日10時〜お昼までの2時間、お茶・おかし付きで一人千円(税込)。 ピアノの生演奏つきでみんなで歌えると言いますから、 交流会などに御利用下さい。




次回は、2008年2月15日(金)14時から 障害者福祉センター 洋室にて
司会:やまびこ

上に戻る

ボラカイ に戻る

直線上に配置

Copyright (c) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved