トップページへ戻る > 新訳本情報 >  ゆめみるトランク



おとどけします!選りすぐりのファンタジー。
読みつがれた名作ぞろい。

「あなたとぼくとで旅にでましょう。」
ある朝のこと、トランクがおしゃべりをはじめました。
「いっしょにあたたかいところへいきましょう。
南の町へ、かばんを売りにいきましょう。」
そこでかばん屋の一郎さんは、トランクの中に
たくさんのかばんを入れて出発することにしました。

水仙のようにかわいらしい先生の、大きなかばん。
はりねずみのランドセル。 春風の少女のポシェット……。
こんな注文を受けてくれるかばん屋さんがあったら、
すてきだと思いませんか?
かばん屋の一郎さんには、ふうがわりなお客さんが、
つぎつぎにおとずれます。

題 名ゆめみるトランク
北の町のかばん屋さん話
著 者安房 直子
出版社講談社
ISBN 978-4-06-261171-8
点訳巻数全1巻
点訳完成2009年6月
納品先筑波大学附属視覚特別支援学校
ないーぶネット登録済み
点訳者コメント <K.Y>
読んでいてもとっても楽しい本です。
点字にした本としては2冊目です が、たくさんの方に教えていただきながら 出来上がったときは本当に嬉しかったです。
これからもまわりの人たちに教え ていただきながらやってゆきたいと思います。





上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved