トップページへ戻る > 新訳本情報 >  天狗のいたずら



王子・音無川の岸辺近く、
裏見の滝(うらみのたき)にひとりの男が吊り下げられていた。
自分を吊り下げたのは天狗だったという・・・。

江戸時代の生活や会話が良く描かれており、
人情味あふれた作品と好評を得た。

第5回北区内田康夫ミステリー文学賞大賞受賞作
題 名天狗のいたずら
著 者田端六六
点訳巻数全1巻
点訳完成2007年5月
納品先筑波大学附属盲学校、
福祉センター図書室
点訳者コメント <T.E>
完成しました\(^o^)/
年々応募作品が面白くなってきます。
ぜひお読み下さい。





上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved