トップページへ戻る > 新訳本情報 >  ドリームアレイの錬金術師  



「アレイ」とは小路の意味、
“夢見小路”に暮らす老人が詐欺の被害に遭う物語です。
被害者の老人たちがみんな善人で警察沙汰にせず、
犯人も最後に善行を行うため、読後感が非常によいのです。
タイトルのわかりにくさ、「金融機関を騙った詐欺」が許されてよいのか、
警察は何をやっていたのか? 等の疑問は生じましたが、
それらを凌駕して余りあるほど ほのぼのとした気分のよい物語で、
選考委員の大半がこの作品を大賞に推しました。
    (三月六日、授賞式当日の講評より)

第3回北区内田康夫ミステリー文学賞大賞受賞作
題 名ドリームアレイの錬金術師
出版社実業之日本社
著 者山下 欣宏
点訳巻数全1巻
点訳完成2005年7月
納品先筑波大学附属盲学校、
福祉センター図書室
点訳者コメント <T.E>
 古い町に住んでいるお年寄りの善人集団。騙されはしたがハッピーエンド!
世の中そんなに甘くはないんだけどなあと、連日新聞を賑わす事件と比較してしまいました。





上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved