トップページへ戻る > 新訳本情報 >  蜃気楼の如く



  

第15回北区内田康夫ミステリー文学賞
題 名蜃気楼の如く
著 者的場 郁賢
点訳巻数全1巻
点訳完成2017年8月
納品先中央図書館
あらすじ
会社が脅迫され、犯人は響二郎を現金受け渡し役に指名する。
指示に従い、北とぴあで丑田蓮夫賞の授賞式を観覧する響二郎。
現金鞄は持ち去られたが、犯人の残したもう一つの鞄には全く同額の現金が入っていた。
不可解な脅迫事件の真相とは?
(北区HPより)

点訳者コメント <T.E>
後味の良いミステリーというか、登場人物が善人ばかりで、ミステリーファンには少々物足りない気がしました。 
北区と銘打っているので、それも仕方がないのかなあとは思います。
是非お読み頂き、皆さんの感想を伺いたいなあ〜!






上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved