トップページへ戻る > 新訳本情報 >  小さな木の実



  

第14回北区内田康夫ミステリー文学賞
題 名小さな木の実
著 者島村 潤一郎
点訳巻数全1巻
点訳完成2016年6月
納品先中央図書館
あらすじ
老齢の父親が交通事故で急死した。
姉に呼び出された秀成は、紙片に書かれた暗号の ようなものを手掛かりに、 息子たちと父の遺産探しを始める。
謎を解き、それらしい場所をつきとめるのだが、 そこから出てきたのは…

点訳者コメント <T.E>
新聞紙上は凶悪犯罪記事が絶える日がないのですが・・・ 今回の作品はミステリーというよりほのぼのとしたホームドラマです。
物語では、相続・離婚危機・親の病気と、「争いの種」が山積みにも関わらずすべて 円満に解決する!ミステリーファンにとっては物足りない気がします。





上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved