トップページへ戻る > 新訳本情報 >  最後のヘルパー



  

第11回北区内田康夫ミステリー文学賞大賞受賞作
題 名最後のヘルパー
著 者高橋 正樹
点訳巻数全1巻
点訳完成2013年7月
納品先中央図書館
あらすじ
川勝が刑務所から5カ月ぶりに出所すると、内縁の妻と娘が姿を消していた。
少ない所持金を使い、川勝は意を決して、妻の実家がある北区へと向かう。
以前、妻から聞いていた話をもとに探すも家は見つからず、 川勝は空腹から、とあるアパートに侵入してしまう。
そこで出会った寝たきりの老女・タキ。介護ヘルパーと間違われ、 川勝はヘルパーのフリをして、その窮地を切り抜けようとする。

点訳者コメント <K.N>
第11回 北区内田康夫ミステリー文学賞大賞受賞作
実業之日本社発行 ジェイノベル4月号に掲載されたものです。

一人一人のほんの小さな優しさが人の気持ちを動かします。 本当の最後のヘルパーは誰だったのでしょう。





上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved