トップページへ戻る > 新訳本情報 >  凶音窟



第10回北区内田康夫ミステリー文学賞大賞受賞作
題 名凶音窟
著 者山下 歩
点訳巻数全1巻
点訳完成2012年8月
納品先中央図書館
点訳者コメント <K.N>
第10回 北区内田康夫ミステリー文学賞大賞受賞作
実業之日本社発行 ジェイノベル4月号に掲載されたものです。
生々しい描写に気持ち悪くなります。
今の世の中に実際にありそうなお話でこわくなりました。


内田康夫さんの講評

第10回という節目の年を迎え、応募総数は過去最高を更新して293編に上りました。

全体的に見て、ずば抜けた優秀作に乏しかった憾みはありますが、その中で、最終選考に残った五作品はそれぞれ水準以上の評価を得ました。

『花見の仇討』は明治維新直後の王子が舞台で、飛鳥山の花見、王子製紙の建設、渋沢栄一の登場など、北区主催の賞にふさわしい道具立てが揃いました。じつによく当時の事情を調べているのですが、いささか文章が粗いのが難点。ともあれ、区長賞には相応しい。

『とうとうたらり たらりら たらり』は今回随一の力作と言えます。能役者が江戸で罪を犯し島流しになる――という筋立てが出色。テンポもあって、個々の場面々々は面白いのですが、人物の造形が粗雑。難しい作品ですが、審査員特別賞に決まりました。

『凶音窟』は気負いのない好感の持てる文章で、すべての作品の中で最も読み易かったです。亭主の浮気、離婚騒動など、どこにでもある話を丁寧に描いている。ただし、ホームドラマならともかく、ミステリーとしての評価となると問題で、かなり手を入れる必要がありそうですが、審査員全員の意見が一致して大賞授賞が決まりました。
〜公式サイトより〜





上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved