トップページへ戻る > 新訳本情報 >  黒い服の未亡人  



 北区に住むかなり年配の未亡人の家に東京外国語大学の青年が下宿することになり、
そこから様々な不思議な話が持ち上がるという物語です。
 特にこの作品は、暗い感じの話になってしまいかねない題材を、
読後感も爽やかに大変上手に描いていて、好感がもてました。
ラストの、ちょっとぴっくりし、ほろっとさせられるようなどんでん返しも巧く、
舞台も北区で、都電荒川線や飛鳥山公園など北区の情景がたくさん出てきます。
 まさに北区にふさわしく、大賞にふさわしい作品だと思います。
(内田康夫氏選評より)

第1回北区内田康夫ミステリー文学賞大賞受賞作
題 名黒い服の未亡人
著 者汐見 薫
掲 載月刊ジェイ・ノベル 2003.APR
点訳巻数全1巻
点訳完成2005年6月
納品先筑波大学附属盲学校、福祉センター図書室
点訳者コメント <T.E>
舞台が北区ですので知った地名が一杯。
私が持っている「ミステリー」というイメージとは違い、ほのぼのとした感じの小説です。





上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved