トップページへ戻る > 新訳本情報 >  ふつうの学校(3)



あなたも、うちの学校に転校してこない?

3巻からでも、おもしろいから読んでね。

ぼくの名前はアキラ。青陽(せいよう)小学校の5年生。
6月も終わりになって、ぼくのクラスでは、
<朝の読書>で何を読むかで、大騒ぎ!
おまけに授業中大きなほうをもよおしてしまって、
屋外トイレに駆けこんだら、なにやら、か細い声が聞こえてきて。
これって、もしかして幽霊の声?
冗談じゃないよ。ぼくはこわいの、めちゃめちゃ苦手なんだから……。

題 名ふつうの学校(3)
朝の読書はひかえめに の巻
著 者 蘇部 健一
点訳巻数全3巻
点訳完成2007年1月
納品先筑波大学附属盲学校
ないーぶネット登録済み
点訳者コメント <T.K>
題は「ふつうの学校」ですが、ハチャメチャな担任に振り回される生徒たち。
考えようによっては、今のがんじがらめの学校に対する皮肉も隠されているのかな?などと 思いつつ読ませていただきました。(T)





上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved