トップページへ戻る > 新訳本情報 >  猛スピードで母は



拾い上げるとそれは写真だった。母と知らない男が写っている。
母は前を向いたまま左手をのばし、慎の手から写真を取り上げた。
そしてアクセルを深く踏み込んだ。
追い越し車線に移り前方の軽自動車を抜き去ると 「私、結婚するかもしれないから」といった。
驚いた慎はなぜか母の顔ではなく、背後の追い抜かれた車をみてしまった。
  やや遅れて慎のした返事は「すごいね」だったが、いってみて変な感じがした。

第126回芥川賞受賞作品

題 名猛スピードで母は
著 者長嶋 有
出版社文芸春秋
点訳巻数全2巻
点訳完成2003年2月
納品先障害者福祉センター
筑波大学附属盲学校
点訳者コメント <N.Y>
本を読むなど何年ぶりか?と言うくらい、なかった私ですが 次の点訳本がまちどおしい今日この頃です。
「猛スピードで母は」も、点訳をする前に夢中で読みふけってしまった一冊です。
また昔にもどって読書のたのしさを味わっています。



上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved