トップページへ戻る > 新訳本情報 >  漢文を学ぶ(4)  



【目次】
他山の石、以て玉を攻くべし。;花発けば風雨多し人生別離足る;
吾日に三たび吾が身を省みる。;径路窄き処は、一歩を留めて人の行くに与う。;
高山に登らざれば、天の高きを知らざるなり。;当に三余を以てすべし。;
入るを量りて以て出ずるを為す。;人の小過を責めず、人の隠私を発かず、人の旧悪を念わず。;
三人行けば、必ず我が師有り。;蝸牛角上何事をか争う〔ほか〕

題 名漢文を学ぶ(4)
小さな学問の書
著 者栗田 亘
出版社童話屋
点訳巻数全1巻
点訳完成2006年1月
納品先筑波大学附属盲学校、福祉センター図書室
ないーぶネット登録済み
点訳者コメント <T.K>






上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved