トップページへ戻る > 新訳本情報 >  眠れる森の美女



眠れる森の美女」は、1959年製作のディズニー長編アニメです。原作は、フランスの作家シャルル・ペロー(1628〜1703)の童話で、魔女に呪われたお姫様は100年間、こんこんと眠りつづけ、その伝説を伝えきいた王子がやってきて魔法がとける、というお話。
けれども、ディズニーは、この原作をもとにして、よりすばらしいロマンスをつくりあげました。美しいオーロラ姫とフィリップ王子は、実はものごころつかないうちに定められた婚約者どうし……。成人したふたりは、お互いに相手の名も知らぬままひと目ぼれ!そして王子は、愛するひとのため、命をかけて魔女と対決するのです。ふたりを守る妖精のフローラとフォーナ、メリーウェザーは、親しみやすいおばさまたちという感じ。それに比べると、悪役の魔女マレフィセントの、なんと妖しく恐ろしげなこと。――結末はもちろん、家族ぐるみでほっとする、ハッピーエンドです。

題 名ディズニー名作コレクション14  眠れる森の美女
著 者森 はるな
出版社講談社
点訳巻数全1巻
点訳完成2003年2月
納品先筑波大学附属盲学校
点訳者コメント <F.K>
 「眠れる森の美女」は私の点字初版本です。
印刷が始まった瞬間は、あまりの速さに唖然としました。
パソコンでの作業は、点字盤で打つよりもただでさえ速いのに、 ものの15分程で軽快な音を立てて仕上がってしまったのです。
 3〜6歳向けですが、多くの人に読んでもらいたいです。



上に戻る

「新訳本情報」に戻る


Copyright (C) 点訳サークル六星会(福祉センタークラス)All rights reserved